カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

ABOUT US

「カタチのない感動を形ある価値に変えるドネーションサービス」

社会、テクノロジー、ライフスタイルなど知ってみると面白い事や、知っていると、思っていたけどちょっとだけ違っていた事お届けします。

世界が少しだけ違って見えるWEBメディアをオリーブは目指します。

オリーブは、気に入った記事をシェアすると溜まるポイントで応援できます。
差別により虐げられる世界中の女性、あまり知られていない難病の患者、ハンディキャップのために働く場や尊厳が得られない人々。

そんな人たちを助けるために活動している、さまざまな団体を応援できます。

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

●国際空港でおきた爆発事件 去年(2013年)7月20日午後6時過ぎ。北京首都国際空港の到着ロビーに、車椅子の男が現れた。左手には袋のようなものを持っていた。 異状に気づいた警察官が近寄ると、男は何かを叫びながら、両手を挙げ周囲の人を追い払うような仕草をした。警察官が男に向かってさらに歩みを進める。すると、突然、男の左手から火花とともに爆音が起こった。辺り一面は煙幕で視界が遮られた。爆発は1回きり。男は、自ら起こした爆発の衝撃によって車椅子ごとなぎ倒され、その場で取り押さえられた。 男は、命を取り留めたが、左の上腕部から先を失った。警察官1人がけがをした。爆発による旅行客らへの被害はなく、死者も出なかった。とはいえ、治安維持に面子をかける中国の空の玄関で起きた爆発事件。共産党を狙ったテロか?と国内外に緊張が走った。 ●被告、冀中星 男の名は、冀中星(当時33歳、以下、冀)。山東省の農村出身。無差別に公衆を狙ったかのように見えた爆弾事件は、およそ2か月後の初公判が開かれる頃には奇妙な様相を見せ始めた。 9月17日の初公判当日。警察車両に先導されて、救急車のような医療用車両が北京市内の裁判所に到着した。冀は、その医療用車両からストレッチャーに乗せられたまま、警察官らの手を借りて入廷した。 午前9時という早い開廷時間だったにも関わらず、裁判所前には、冀に同情を示す市民たちが集まった。彼らは、混乱を防ごうとする警察官に囲まれながらも「冀は無罪!」などと大声で叫び続けた。集まったメディアに対し、人々は、自分たちも警察の捜査や土地の開発業者によって不当な扱いを受けていると訴えた。 ●事件前に書かれたブログ 空港で手製爆弾を爆発させた冀が、事件前にブログを記していたことが明らかになった。それによれば、事の始まりは2005年に遡る。当時、冀は、南部の広東省に出稼ぎに出ており、バイクタクシーで生計を立てていた。ある日、客を乗せて走っていたところ、パトカーに追いかけられた。冀は、停止せず走り続けたが、待ち伏していた治安要員に殴り倒され、暴行を受け、その結果半身付随にされた、という。 治安要員とは、警察の捜査や警備など手伝う補助組織だ。冀は、地元政府に陳情に行き、この事件を捜査してくれるよう頼み込むが聞き入れてもらえなかった。また、地元政府に対し、損害賠償の裁判を起こすが、冀が殴られたとする証拠は不十分として、認めてもらえなかった、という。 ブログには、冀が色白でひ弱そうに見える肉体を晒し、痣か床ずれなのか、臀部や脚にできた大きな赤い爛れがよくわかる写真も掲載されていた。その内容は中国の一部メディアでも報道された。裁判に集まった人たちは、冀が爆発事件を起こしたのは、自分の健康な体を奪った暴行事件の事実を明るみに出したかったからなのだ、と理解したのだ。 ●冀の実家を訪ねる しかし裁判では、彼の主張は判決には反映されなかった。そして一か月足らずの審理を経た一審判決は懲役6年。さらにその一か月余り後に言い渡された上訴審でも一審の判決が支持された。中国は二審制だ。冀の懲役6年の実刑判決は確定した。 私は、山東省の農村にある冀の実家を訪ねた。一審判決の出た8日後のことだった。実家には父、62歳の冀太栄(以下、太栄)がいた。太栄は、私の姿を見ると、「6年の刑なんて・・・。下半身も感覚がなく、耳も聞こえなくなったのに」と、おいおいと泣き崩れた。太栄は、息子は家で動くこともできず、その無念を晴らしに行ったのだ、と涙ながらに訴えた。 「体は床ずれだらけ。殴られてそうなったのに。この7、8年、誰も無念を晴らしてくれなかった」。 実家の庭には、母屋とは別に白いプレハブがあった。赤茶けた土地の埃っぽい農村には不釣り合いな仮設住居のようにも見える。少し高くなった入り口と、庭のむき出し土の表面とを、セメントを流して作ったスロープが繋いでいる。半身不随となって実家に戻ってきた息子のために、太栄氏が建てた部屋という。 部屋の中は、長方形の会議室くらいのスペース。ベッドと麻雀卓、乗り手のいなくなった車椅子が目に入った。ベッドには、綿のはみ出た布団。床ずれの膿みが至る所に染みていた。 太栄によれば、冀は、窓際に置かれたベッドに横になり、コンピューターでゲームをして過ごす時間が多かったという。おそらく、この窓際に横になりながらブログを綴り、自ら窮状を外の世界に訴えようとしたのだろう。彼のコンピューターは警察にすでに押収されて今は無く、電話線と電源を引く為の延長コードがだらりと床に落ちていた。   冀は聡明な子供だった、と太栄氏は言う。しかし、半身不随となって、実家に戻ってからは、塞ぎこむことも多かったようだ。 「あんなに若いのに、走ることもできない。イライラしないはずはない。機嫌が悪い時には、私と言い争いになり、私が話を聞かないで出てってしまうと、ここで、一人で泣いていました」 しかし、冀は父との争いは努めて避けていたという。 「私が食事も作ってあげなければいけないし、水も汲んでやらなくてはいけないし、便も出してやらなければならないから」 冀には、結婚を考えたガールフレンドがいた。しかし、冀が半身付随になったことを知って、離れていってしまった、という。   太栄は、息子が密かに爆弾を作っていたことなど、思いもよらなかったという。しかし、冀が言った言葉を今も覚えている。 「自分が家にいなければ、(父さんが)自分を押して行く必要がない」。 太栄は「どうやってお前が、家からいなくなることができるのだ」と言葉を返した。そのやり取りは、冀が車椅子で北京に向かい爆発事件を起こす数日前だったという。 (後編に続く) アイ・アジアのHPにて、中国で起きている問題を他にも連載していますのでご覧下さい。

「結婚はしたいけど、今の相手が最適だとは思えないなぁ。好きは好きだけど、恋人としての好きであって、結婚相手としては考えられない」 なんてリアルな話を聞くことが多い、アラサー女の私です。 「結婚」に「恋愛」はつきものであって、「恋愛」を経て「結婚」するのが当然でありそれは幸せなことである……。 さて、その考えって本当? 今回は現代の私たちに揺さぶりをかけるかもしれない、今まで当然だと思っていたけれど実は疑わしい「ロマンチック・ラブ・イデオロギー」の話です。

 ◇手作業の燃料棒組立に驚く  「暇です。再稼働してしほい」と案内の社員 4月5日、大阪府南部の熊取町で原子力関連のある施設が一般公開された。公開されたのは京都大学原子炉実験所、原子燃料工業株式会社熊取事業所、大阪府熊取オフサイドセンターの3か所。このうち、原子燃料工業株式会社は、読んで字の如く、原子力発電所で使う燃料を製造している場所だ。いわゆる原子力ムラの中枢の1つと言って良いだろう。燃料は工場でどのように作られているのか、取材した。(アイ・アジア編集部/鈴木祐太) ●敷地内へ 原子燃料工業(撮影:鈴木祐太) ペレット(原子力燃料工業のHPより)  原子燃料工業は敷地が2万8千平方メートル。見た目はいたって普通の工場で、外から見ただけでは、ここで原子力発電所の燃料をつくっているとは思えない。 一般見学の受付をすると、担当の社員から会社や安全PRのパンフレットの入った手提げ袋をもらった。袋の中が可笑しかった。会社のロゴの入ったペンが入っていたのはわかるが、ジュースに無料で交換してくれる引換券まで入っていたからだ。 入口に設置されたテントには、工場を説明するブースや、福島県や福井県の名産品販売コーナー、輪投げコーナーがあった。名産品販売コーナーは原発で迷惑をかけている地域への配慮だろうか。見学会への会社の並々ならぬ意欲を感じた。 原子燃料工業は1972年に住友電気工業(株)と古川電気工業(株)の原子燃料部門を統合し総合原子燃料専業メーカーとして発足し、09年からは米ウェスチングハウス・エレクトリック社が株式を52%取得し筆頭株主になっている。茨城県東海村にも事業所があり、熊取では加圧水型原子炉(PBR)、東海村では沸騰水型原子炉(BWR)の燃料を製造している。因みに、PWRの代表格が大飯原発。BWRの代表格が言わずと知れた福島第一原発だ。 日本の原子炉で燃やされる燃料の30%がこの会社で作られているという。 ●工場内は撮影禁止   門を入って2、3分歩くと、クリーム色の3階建ての建物がある。役所といった風情だが、実はここで燃料が作られている。つまり製造工場だ。 工場に入るときには、カバンやカメラ、携帯、それにポケットに入っているもの全て出すように指示された。つまり撮影は禁止ということだ。 靴にカバーをかけ帽子をかぶり、駅の自動改札口のような機械を通って中に入った。靴カバーや帽子は、事故の際に放射性物質が付着しないようにという配慮だろうか。 見学が認められたのは、燃料製造の最後の工程を行う部屋だった。ウラン粉末を固めた約1センチ四方のペレットを燃料集合体にするのだという。部屋は、4メートルの燃料棒を縦に置いても十分に余裕があるほど天井が高かった。作業するスペースは、小学校の教室二つ分というところだろうか。部屋の奥には燃料棒をしまう倉庫、倉庫の反対側には燃料棒を出荷する時に使用する入れ物が10個以上、2段にして並べられていた。 ●原子力の燃料とは 原子燃料工業(撮影:鈴木祐太) 燃料棒(原子力燃料工業のHPより) 海外のウラン鉱山で採れたウランは濃度が低いので、原発で使う燃料にするためには濃縮し加工しなければならない。この工場では、粉末状の二酸化ウランを固め、燃料集合体にする工程を行っている。 工場では、小さなペレットを積み重ね4メートルの細長い棒にして、その棒を縦17本横17本で束ねて1本の燃料集合体を作っていた。つまり1つの燃料集合体に、264本の燃料棒が入っている計算だ。 驚いたのは、ペレット加工も燃料棒組立も検査は人間の手で作業されることだ。当然、作業員は被曝をする。説明では、工場内での作業では線量計を手放してはいけない決まりになっているという。この工場では、これまで一番多かった被曝量は2ミリシーベルトだったそうだ。それでも福島の飯館村にいるより低い線量ですねと聞くと「そうですね」と答えにくそうに社員が答えた。 ●「再稼働して欲しい」 工場内は非常に清潔に保たれていた。ゴミ1つ見なかった。全てがきれいに片づけられているという印象だ。数か月に一度、IAEA=国際原子力機関が抜き打ちで検査に来るので工場内は常にきれいにしておかなければいけないという。 見学の最後に「最近、仕事あるんですか」と案内をしてくれた社員に尋ねてみた。13年9月以降、全ての商業用原子炉が稼働していないからだ。熊取で扱っているPWRに関しては、関西電力の大飯原子力発電所4号機が稼働を止めた13年9月以降、動いていない。 「全くないというわけではないが・・・暇ですね」 「再稼働、して欲しいですか?」 「・・・再稼働・・・して欲しいですね」 原発再稼働の審査のうち、最優先されている九州電力の川内原子力発電所1・2号機が熊取の工場でつくっている燃料で稼働するPWRだ。再稼働申請されている原発はこのPWRが17基中12基(14年4月末現在)を占めている。つまりこの工場でつくられる燃料が再稼働を支えることになるということだ。 ●安全性を強調する会社 工場を出た後、説明ブースに案内された。職員が1対1で対応をしてくれた。まず出てきたのは、福島原発直後によくメディアで流れていた、普通に暮らしていても被曝はいつもしているという内容だ。また、この工場の下には活断層がないので南海トラフ地震でも大丈夫とも話していた。臨界や電源喪失でも安全対策をしているという原子力発電所と同じレベルの対策をしているとの説明もあった。 不思議なもので、安全を強調されればされるほど、危険な工場だと感じてしまう。 ここでつくった燃料は、福井県をはじめとする西日本の原発(島根原発は省く)と泊原発で使わる。当然、各地の原発まで運ばなければいけない。 「熊取から原発銀座の福井などにどうやって運ぶのですか」 「それは、法律で守秘義務を課せられているから答えられません」と少し困った顔をしながら返事をしてくれた。思わず「特定秘密ですか」と聞き返してしまったが、「原子力に関する法律で前からある法律です」と即答されてしまった。 これらは一部の幹部しか知らないトップシークレットだという。それはつまり燃料がいろいろな意味において危険なものだからだろう。 ふと、橋下大阪市長や松井大阪府知事はおひざ元にこういった施設が有ることを知っているのかと思った。

中国で官僚や共産党員のみだらな行為の写真や映像が相次いで暴露されている。そうした写真や映像を指す「不雅」(=見苦しいという意味)という言葉を新聞やネットで目にしない日はほとんどないぐらいだ。いったい何が起きているのか。3回シリーズで伝える中国官僚の腐敗の実態。(アイ・アジア 宮崎紀秀) ●ネットをきっかけに逮捕される共産党幹部 2012年11月。ある男性が性行為に及んでいる様子を隠し撮りした映像がインターネットに流れた。男性は、北京や上海と並ぶ直轄市・重慶市の、人口73万人を抱える北碚区で共産党のトップを務めていた雷政富書記(当時)。相手は、ある企業家があてがったとされる女性だった。この映像をきっかけに紀律検査委員会が調査に乗り出し、雷元書記は収賄の疑いで立件された。 それから半年ほど過ぎた去年(2013年)6月28日。私は、早朝から重慶市の第一中級人民法院の前にいた。日本の地方裁判所にあたる場所だ。雷元書記の初公判の取材のためだ。ポルノばりの映像が暴露された事件だけあって中国での関心は高く、法廷に入る被告の姿をとらえようと一眼レフを手にしたカメラマンたちが集まっていた。 重慶は、暑い気候から中国の「四大かまど」と称される都市の一つ。そのあだ名の通り、気温は朝からじりじりと上がる。朝の静けさが喧噪に変わる頃には、集まった取材陣は汗をぬぐいながら人民法院のガラス張りの建物の周囲をうろつくこととなった。 雷元書記を乗せた車が巨大な裁判所のどこに到着するか分からず、「情報はあるか」と隣の中国人記者に声をかける。彼も「何も分からない」と首を振った。誰もはっきりしたことは分からないようだった。 午前8時40分過ぎ。短くサイレンを鳴らした警察車両が突然、裁判所の角に現れた。私は周囲にいた数人のカメラマンと猛ダッシュをかけるが、時すでに遅し。車は裁判所の裏口に回り込んでしまい誰も追いつくことはできなかった。切れ切れの息で地団駄を踏む私たちを見て、警備員が「撮れなかったのか?」と薄ら笑いを浮かべた。 雷元書記は我々メディアの前に姿を現すことはなく、裏口から法廷に入ってしまった。しかし、彼の姿はほどなく全中国国民に曝されることとなる。国営の中国中央テレビなどが、法廷内の様子を報じたからだ。 雷元書記は300万元(約5100万円)以上の収賄の罪で、懲役13年の判決を受けた。頭一つ大きい司法警察官2人に挟まれ、肩を落として被告人席に立っ雷元書記は、好色で貪欲な腐敗官僚として国民に記憶されることになった。(続く)

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧