カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。 ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。 そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。 カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。 もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。 それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。 原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。 とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。 今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。 「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。 公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに! そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。 なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。 病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。 先天性の病気を抱える人が、 「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」 なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。 見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。 そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。 顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

誰かと会話している時、 「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」 「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」 そういう印象を持ってしまうことってありませんか? もしくはあなた自身で、 「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」 「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」 なんて首をひねることがあったりしませんか? もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも? アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。 今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

猫屋敷が生まれる原因?心を蝕んだ動物収集家「アニマルホーダー」とは

数えきれないほどのたくさんの猫を飼っている様子のお宅。
猫たちが家と外とを自由に出入りして、いろんなところでトイレして・・・あらら。
そんな「猫屋敷」と呼ばれるお家が、どこの地域にも一軒くらいあると思います。
ちゃんと猫の不妊・去勢手術をして管理や食べ物やトイレのお世話をしていればいいのですが、必ずしもそういう、しっかりとしたお宅ばかりではありません。
多くの猫を飼ったあげく、手に負えなくなってしまって、猫も人も生活が破綻してしまう……。
そういった状況を「多頭飼崩壊(たとうがいほうかい)」と言います。
この裏には飼い主の「アニマルホーダー」という心の病が隠れていることもあるのです。

【ペットの多頭飼崩壊とは】

多頭飼崩壊とは、飼い主のずさんな管理でペットが異常な繁殖を繰り返してしまい、その結果飼育不能の状態に陥ることを言います。多くの場合は、最初の段階でペットの不妊・去勢手術をしておけば未然に防げます。
また、ここで言う「飼育不能」というのは、「ペットの数が多くてお世話が大変」というレベルではなく、過密な場所に押し込まれたペットたちの病気や食糧不足のための共食い、血の近い同士での繁殖ゆえの先天異常、管理不足による糞尿の垂れ流し、ペットの遺体の放置やミイラ化が必ずと言っていいほど伴っています。
その惨状は一言で言えば、「地獄絵図」。
猫や犬の飼育で起こりやすく、元ブリーダー(名ばかりの場合が多いようですが)が陥ることもあります。
汚臭や鳴き声への近隣からの苦情や、飼い主から保護団体へのSOSで発覚することがほとんどです。

【精神疾患であるアニマルホーダーは「自分が動物を虐待している」意識はない】

多頭飼崩壊という異常な状態を招いた飼い主も、健全な精神であるとは言いがたいでしょう。
このような精神状態の人を「アニマルホーダー」や「アニマルコレクター」と呼びます。
自分のキャパシティをとうに超えた動物を飼育しようとしてしまう人たちのことで、常習性が高いために、一度解決してもまた動物を集め出してしまうことがあります。
アニマルホーダーは比較的単身者に多いようですが、これといった共通点を見つけ出すのは難しいのもあって、知り合いなどにはバレにくいようですね。
また、アニマルホーダー自身も、自分がペットを虐待をしているという意識に乏しいのです。この部分がアニマルホーダーの一番の特徴であり、また問題点でもあるでしょう。
動物の収集癖(=「アニマルホーディング」)は精神疾患として認められているものの、研究はまだ発展途上にあります。
しかし、2014年にスペインで発表された研究結果によると、一度の多頭飼崩壊で表面上解決したと見えても、その後再び動物収集が行われてしまうのは、アニマルホーダー自身への精神医学的な治療への手助けがなされていなかったためと述べています。これは日本でも全く同じことが言えそうですね。
まずは社会的にアニマルホーディングの実態を知ってもらい、アニマルホーダーへの精神医学的な治療という根本的な解決策を示していく必要があると思います。

【動物保護団体をアニマルホーダーの手から守るには】

アニマルホーダー自身、自分がペットを虐待をしているという意識が薄いということは先程述べましたが、これが問題をややこしくさせています。
アニマルホーダーは単なる「動物好き」に見えてしまうことがあるんですね。
善意のように見せかけ(見せかけるというか、本人はそう信じてしまっているわけですが)、動物保護団体から動物を引き取って収集することがあります。
アニマルホーダーを「動物好き」の同志であると思った保護団体は、彼らに動物を引き渡してしまい、そして……。
このような事態を防ぐためには、保護団体のほうで動物の引き取りに際しての対策を講じる必要があります。
ですがその場合、動物の里親希望の人たちの中に「動物の引き取りの手順が煩雑」「譲渡のための書類に、年収や家庭状況を書かなきゃいけなんて抵抗がある」などといった声が出てきます。
「なぜこのような煩雑で詳細な手続きをしなくてはならないのか」を少しでも理解してもらえるように、行政やメディアの力を借りながら、アピールしていく必要があるでしょう。

あなたのご近所の猫屋敷は、大丈夫ですか?

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。

もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。
それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。

原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。
とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。
今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。
公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに!

そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。
なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。

病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。

先天性の病気を抱える人が、
「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。

そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。
顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

誰かと会話している時、
「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」
「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」
そういう印象を持ってしまうことってありませんか?
もしくはあなた自身で、
「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」
「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」
なんて首をひねることがあったりしませんか?
もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも?
アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。
今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。

ライフ

私たちの脳の中の小人――ペンフィールドのホムンクルスの話

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

ライフ

山の遭難理由の4割は〇〇!その原因と対策を知っておこう。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。

もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。
それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。

原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

ライフ

歓送迎会の幹事必見!日本酒「獺祭」が飲み放題の店に聞いてみた

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。
とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。
今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。
公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに!

そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。
なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

ライフ

顔が崩れる先天性の病気「トリーチャー・コリンズ症候群」と私たち「普通の人」

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。

病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。

先天性の病気を抱える人が、
「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。

そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。
顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

ライフ

「天才」ってホントなの!?誤解されがちなアスペルガー症候群について知ろう

誰かと会話している時、
「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」
「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」
そういう印象を持ってしまうことってありませんか?
もしくはあなた自身で、
「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」
「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」
なんて首をひねることがあったりしませんか?
もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも?
アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。
今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。