カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

「10年間アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人」――前代未聞の経歴を持つ男が、非行に走る若者の悩み相談に乗っている。井上ケイさん(52)は、ヤクザだった29歳のとき、ハワイでFBIに捕まり、10年以上、米刑務所で過ごした。ヤクザと縁を切ったケイさんは、「親に捨てられ、行き場を失った子どもたちの悲痛の叫びは誰が受け止めるのか」と訴える。(オルタナS副編集長=池田真隆)

タレントのマツコ・デラックスさんが差別や偏見に対する持論を展開した。差別の根っこには、異なるものに対する「恐怖心」があり、「差別はいけない」と理屈では分かっていても、その恐れが勝ってしまうものと話した。自分たちよりも劣っている集団を見つけては差別するという、「マイノリティがマイノリティを差別する」構造があると言う。(オルタナS副編集長=池田 真隆) マツコ・デラックスさんへのインタビューは、日本財団が主催する「THINK NOW ハンセン病」キャンペーンの一環で行われた。同キャンペーンでは1月25日の「世界ハンセン病の日」に向けて、同病への正しい理解を呼びかけている。日野原重明氏やダライ・ラマ14世、ゆるキャラのくまモン、横綱の白鵬関ら数多くの著名人が無償で協力し、メッセージ動画を掲載している。 ハンセン病は、かつて「らい病」とも言われ、皮膚に発疹ができたり、身体に変形をもたらす感染症として、人類から恐れられてきた。同病への薬は1980年代に開発され、それ以降無償提供されだし、医学的には解決の方向に進んでいる。しかし、回復者は家族と絶縁したままで、本名を名乗ることにも抵抗があり、社会から遠ざけられた暮らしを強いられている。手や腕が変形している見た目から、そして、政府の長期にわたる隔離政策もあり、誤った認識が根付いたままだ。 同キャンペーンにマツコ・デラックスさんが協力したのは、2回目。キャンペーンが始まったのが2014年12月1日で、マツコ・デラックスさんは12月上旬にいち早くメッセージ動画を寄せた。そのとき、「ハンセン病はさまざまな偏見や差別の縮図」とコメントし、話題を集めた。そこで1月中旬に改めて時間をつくってもらい、差別に対する考えを聞いた。 インタビューの冒頭、人を差別する行為の根っこには「恐怖心」があると発言。恐しく思う原因は、未知のものを、「理解できない」と断定してしまうことにあるという。「容姿でも思想でも、理解できないことを理解しようとすることもなく、理解できないままにしておくから恐怖を抱いてしまうのだろう」。 そして、「マイノリティがマイノリティを差別する」構造を指摘した。明治6年から政府の隔離政策は始まったが、その当時、ハンセン病患者は物乞いとして生きており、「遍奴」と見下されていた。しかし、病気を発症していなくても、貧困に喘いでいた人たちはいたはずで、その人たちも何らかの偏見は受けていたとし、「自分たちよりも劣った人たちを見つけて、自己を正当化する」構造が新たな差別を生み出すことになったと話した。 ここから話は、現代の若者にも及んだ。ネットの普及で、胸に秘めていた思いを簡単に発信できるようになったと言い、「未来に希望が持てない・虐げられている」と思っている若者が自己を正当化するため、(差別する)標的をつくってしまうのではないかと不安を示した。 取材の最後に、日本は戦後からの成長を遂げ、豊かな暮らしができるようになったが、「差別がない世の中などいままでになかった」と振り返り、ハンセン病問題を考えるため、ゆっくりと言葉を振り絞り、力強いメッセージを語った。 「理解しようとも思わないことが攻撃につながる。ハンセン病の問題がなんとなく収まったからといってうやむやにしてはならない。改めてハンセン病が差別の対象となった背景、悲惨な状況が生まれ、被害にあった人たちがいることを知ることが大切だと思う。無知であることが結果的に差別という発想につながってしまうことを、改めて考える時期に来ている」

*アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(1)の続き ちょうどその頃、ケイさんは、自身の生い立ちをまとめた自伝本やDVDを出していた。すると、その影響でケイさんのSNSに若者や保護者から、相談が殺到するようになる。1日に、100件来る日もあった。今でも、週に50件は来ている。「警察や行政、学校の先生には相談できない子どもたちからの悲痛の叫びが届けられる」と話す。

もういいかい?まーだだよ。白骨化してもまーだだよ。――これは、死んでもなお、故郷の墓に入ることが許されないハンセン病患者が自ら、その苦悩を詠んだ川柳だそうだ。今年1月、筆者は東京都東村山市にある国立ハンセン病療養所の一つである多摩全生園を訪れた。目的は、日本で初めて実名で自身の体験を書籍にした元ハンセン病患者の森元美代治さん(76)、美恵子さん(68)夫妻に会うこと。(横浜支局=細川 高頌・横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程3年) *(ハンセン病についてはhttp://alternas.jp/study/global/56151を参照) 園内を案内してもらい、最後に4000人以上の元患者らの遺骨が眠る納骨堂に連れていってもらった。「ここに眠っているのは、最後まで故郷のお墓に入れてもらえなかった人たちなんです」。雪の降り積もる納骨堂の前で、美代治さんがそっと手を合わせる。 美代治さんは故郷の鹿児島県喜界島で、中学二年生のときにハンセン病を発症。以来、自身の病気や社会的差別と闘い続けてきた。実名を公表した理由について「差別のない社会に変えていくためにはきちんと実名を出して、責任を持たなければならないと思ったんです」と美代治さん。 美代治さんがあえて実名を公表したのは、かつて父が話してくれた言葉を大切にしたいとの思いがあったからだ。父は、美代治さんが療養所に隔離されて間もなく、主治医から名前を変えるかどうかと尋ねられ「私がつけた美代治という名前を大切にしたい」と実名を通す意思を示したという。 ハンセン病患者は、「本名がばれたら周りの人に迷惑がかかるから」と自ら名前を捨てる人もいれば、家族や社会からの圧力により半強制的に捨てざるをえない状況に追いやられた人もおり、今も多くの人が偽名で生活している。 「私が最も尊敬しているのは父と母です」美代治さんが誇らしげに語った。「私の父は貧しい農家の出で、学も地位もない」「しかし、今まで自分を差別してきたのは世間ではエリートと言われている人が多かった。最終的に人間の人格を決めるのは、やはりその人の心なんです」。 実名を出したことで、親族から「お前のせいで親戚みんなが迷惑している。青酸カリを飲んで死んでくれ」という心無い非難も受けた。それでも美代治さんは、差別を無くすために今も世界中で講演活動を続けている。 「ハンセン病も水俣病も原爆、原発の被害者に対する差別も根本的な構造は同じ。ハンセン病への差別について考えることは様々な差別行為を無くすことにつながる」と、美代治さんは訴えた。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(2)

*アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(1)の続き

ちょうどその頃、ケイさんは、自身の生い立ちをまとめた自伝本やDVDを出していた。すると、その影響でケイさんのSNSに若者や保護者から、相談が殺到するようになる。1日に、100件来る日もあった。今でも、週に50件は来ている。「警察や行政、学校の先生には相談できない子どもたちからの悲痛の叫びが届けられる」と話す。



*アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(1)の続き

ちょうどその頃、ケイさんは、自身の生い立ちをまとめた自伝本やDVDを出していた。すると、その影響でケイさんのSNSに若者や保護者から、相談が殺到するようになる。1日に、100件来る日もあった。今でも、週に50件は来ている。「警察や行政、学校の先生には相談できない子どもたちからの悲痛の叫びが届けられる」と話す。



親に捨てられた子どもの悩みを聞いていくうちに、刑事に言われた、「世のため人のために生きろ」という言葉を思い出し、非行に走る子どもたちの相談役になろうと決意する。息子に頼んで、相談受付サイト「Good-Family.org」を開設した。

ケイさんに会いに来る子どもたちは、一人ひとり異なる深刻な悩みを抱えている。基本的には、メールや電話、会って相談に乗るが、過去にはケイさんの自宅で面倒を見た子どもたちもいた。

親の愛を知らずに精神を病んでしまった子どもたちなので、2度ナイフで刺され、家を燃やされてしまったこともある。それでも、「絶対に子どもたちを裏切ることはしない」と話す。

自宅で面倒を見た子どもの一人は、水泳で全国大会にも出場するほどの努力家な女子中学生だった。しかし、中学2年時、彼女に変化が起きる。彼女の親友が不良仲間と仲良くしだし、母親から、親友とは付き合うなと悪口を言われたことが原因だ。

それがきっかけとなり、母親と距離ができ、彼女も不良仲間と付き合うようになる。親に暴力を振るうようになり、あげくの果てには、母親の前で彼氏とセックスをして、コンドームを投げつけた。

母親がどうしようもできないと諦め、ケイさんに依頼の連絡が来た。ケイさんは彼女を自宅で預かり、約1年半をかけて更生させた。ケイさんが自宅ですることは、医学的なカウンセリングなどではない。

ただ、「一緒に生活すること」だ。家族で出かけるときには、一緒に遊びに行き、一緒にご飯を食べる。ごく一般的な家庭生活をするのだ。その結果、彼女は美容の専門学校を卒業し、美容師を目指し活動している。

このほかにも、ドラッグ中毒の高校生、親から虐待を受けている小学生、拒食症・対人恐怖症の若手社会人など、さまざまな悩みを抱えた人がケイさんを頼りに来る。経営している「ホーミー」にも、全国から悩みを抱えた中高生が訪れる。悩みを聞き、その子どもとともに親や学校の教師に話をしに行くこともある。

10代から精神科に通い、17歳から摂食障がいと不眠症になってしまった男性(29)は、「病院に行っても、睡眠薬を渡されるだけで、何の解決にもならない。向き合って話を聞いてくれなかった。でも、ケイさんは筋を通して、話を聞いてくれる」と話す。

この男性は、父親から退職金で車を買ってあげると言われていたが、その約束を守らなかった父親に腹を立ててしまい、ケイさんが間に入った。

ケイさんは、今の日本を格差が拡大し、差別がいまだに残るアメリカのようだ見る。

「子どもたちが非行に走るのは、子ども自身のせいではない。誰も、好きで非行に走る人間などいない。非行に走らせた周りの大人たちが原因だ。子どもは、学校の先生に疎まれていることを自覚しているし、養護施設に相談すれば、家族と離れて暮らすことになる。病院では、薬を渡されて、お金がかかるだけ。行き場を失った子どもの声は誰が聞くのか」と、日本社会の未来を憂いた。



井上ケイ
1961年、東京・中野生まれ
少年期は阿佐ヶ谷と八王子で過ごす。その後は暴走族を経て、ヤクザの道へ進む。ヤクザ時代にハワイでFBIのおとり捜査にはまり、10年以上、ロスを始めサンフランシスコ、オレゴンなどの米刑務所で過ごす。刑務所内で知り合ったチカーノと呼ばれるメキシコ系アメリカ人との交流から、人生における大切なものを学ぶ。帰国後はその経験を生かし、カウンセリングやイベントを通し、若者と触れ合う。平塚で、「HOMIE」というチカーノ系ブランドを経営し、本場のチカーノカルチャーを広めている。

オルタナS副編集長・池田真隆

若者の社会変革活動を応援するウェブメディア「オルタナS」から厳選した記事を転載しています!
オルタナSでは、エコ・エシカル・ソーシャルな情報を日々発信しています。

RECOMMENDおすすめの記事

「10年間アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人」――前代未聞の経歴を持つ男が、非行に走る若者の悩み相談に乗っている。井上ケイさん(52)は、ヤクザだった29歳のとき、ハワイでFBIに捕まり、10年以上、米刑務所で過ごした。ヤクザと縁を切ったケイさんは、「親に捨てられ、行き場を失った子どもたちの悲痛の叫びは誰が受け止めるのか」と訴える。(オルタナS副編集長=池田真隆)

タレントのマツコ・デラックスさんが差別や偏見に対する持論を展開した。差別の根っこには、異なるものに対する「恐怖心」があり、「差別はいけない」と理屈では分かっていても、その恐れが勝ってしまうものと話した。自分たちよりも劣っている集団を見つけては差別するという、「マイノリティがマイノリティを差別する」構造があると言う。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

マツコ・デラックスさんへのインタビューは、日本財団が主催する「THINK NOW ハンセン病」キャンペーンの一環で行われた。同キャンペーンでは1月25日の「世界ハンセン病の日」に向けて、同病への正しい理解を呼びかけている。日野原重明氏やダライ・ラマ14世、ゆるキャラのくまモン、横綱の白鵬関ら数多くの著名人が無償で協力し、メッセージ動画を掲載している。

ハンセン病は、かつて「らい病」とも言われ、皮膚に発疹ができたり、身体に変形をもたらす感染症として、人類から恐れられてきた。同病への薬は1980年代に開発され、それ以降無償提供されだし、医学的には解決の方向に進んでいる。しかし、回復者は家族と絶縁したままで、本名を名乗ることにも抵抗があり、社会から遠ざけられた暮らしを強いられている。手や腕が変形している見た目から、そして、政府の長期にわたる隔離政策もあり、誤った認識が根付いたままだ。

同キャンペーンにマツコ・デラックスさんが協力したのは、2回目。キャンペーンが始まったのが2014年12月1日で、マツコ・デラックスさんは12月上旬にいち早くメッセージ動画を寄せた。そのとき、「ハンセン病はさまざまな偏見や差別の縮図」とコメントし、話題を集めた。そこで1月中旬に改めて時間をつくってもらい、差別に対する考えを聞いた。

インタビューの冒頭、人を差別する行為の根っこには「恐怖心」があると発言。恐しく思う原因は、未知のものを、「理解できない」と断定してしまうことにあるという。「容姿でも思想でも、理解できないことを理解しようとすることもなく、理解できないままにしておくから恐怖を抱いてしまうのだろう」。

そして、「マイノリティがマイノリティを差別する」構造を指摘した。明治6年から政府の隔離政策は始まったが、その当時、ハンセン病患者は物乞いとして生きており、「遍奴」と見下されていた。しかし、病気を発症していなくても、貧困に喘いでいた人たちはいたはずで、その人たちも何らかの偏見は受けていたとし、「自分たちよりも劣った人たちを見つけて、自己を正当化する」構造が新たな差別を生み出すことになったと話した。

ここから話は、現代の若者にも及んだ。ネットの普及で、胸に秘めていた思いを簡単に発信できるようになったと言い、「未来に希望が持てない・虐げられている」と思っている若者が自己を正当化するため、(差別する)標的をつくってしまうのではないかと不安を示した。

取材の最後に、日本は戦後からの成長を遂げ、豊かな暮らしができるようになったが、「差別がない世の中などいままでになかった」と振り返り、ハンセン病問題を考えるため、ゆっくりと言葉を振り絞り、力強いメッセージを語った。

「理解しようとも思わないことが攻撃につながる。ハンセン病の問題がなんとなく収まったからといってうやむやにしてはならない。改めてハンセン病が差別の対象となった背景、悲惨な状況が生まれ、被害にあった人たちがいることを知ることが大切だと思う。無知であることが結果的に差別という発想につながってしまうことを、改めて考える時期に来ている」

*アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(1)の続き

ちょうどその頃、ケイさんは、自身の生い立ちをまとめた自伝本やDVDを出していた。すると、その影響でケイさんのSNSに若者や保護者から、相談が殺到するようになる。1日に、100件来る日もあった。今でも、週に50件は来ている。「警察や行政、学校の先生には相談できない子どもたちからの悲痛の叫びが届けられる」と話す。



もういいかい?まーだだよ。白骨化してもまーだだよ。――これは、死んでもなお、故郷の墓に入ることが許されないハンセン病患者が自ら、その苦悩を詠んだ川柳だそうだ。今年1月、筆者は東京都東村山市にある国立ハンセン病療養所の一つである多摩全生園を訪れた。目的は、日本で初めて実名で自身の体験を書籍にした元ハンセン病患者の森元美代治さん(76)、美恵子さん(68)夫妻に会うこと。(横浜支局=細川 高頌・横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程3年)

*(ハンセン病についてはhttp://alternas.jp/study/global/56151を参照)

園内を案内してもらい、最後に4000人以上の元患者らの遺骨が眠る納骨堂に連れていってもらった。「ここに眠っているのは、最後まで故郷のお墓に入れてもらえなかった人たちなんです」。雪の降り積もる納骨堂の前で、美代治さんがそっと手を合わせる。

美代治さんは故郷の鹿児島県喜界島で、中学二年生のときにハンセン病を発症。以来、自身の病気や社会的差別と闘い続けてきた。実名を公表した理由について「差別のない社会に変えていくためにはきちんと実名を出して、責任を持たなければならないと思ったんです」と美代治さん。

美代治さんがあえて実名を公表したのは、かつて父が話してくれた言葉を大切にしたいとの思いがあったからだ。父は、美代治さんが療養所に隔離されて間もなく、主治医から名前を変えるかどうかと尋ねられ「私がつけた美代治という名前を大切にしたい」と実名を通す意思を示したという。

ハンセン病患者は、「本名がばれたら周りの人に迷惑がかかるから」と自ら名前を捨てる人もいれば、家族や社会からの圧力により半強制的に捨てざるをえない状況に追いやられた人もおり、今も多くの人が偽名で生活している。

「私が最も尊敬しているのは父と母です」美代治さんが誇らしげに語った。「私の父は貧しい農家の出で、学も地位もない」「しかし、今まで自分を差別してきたのは世間ではエリートと言われている人が多かった。最終的に人間の人格を決めるのは、やはりその人の心なんです」。

実名を出したことで、親族から「お前のせいで親戚みんなが迷惑している。青酸カリを飲んで死んでくれ」という心無い非難も受けた。それでも美代治さんは、差別を無くすために今も世界中で講演活動を続けている。

「ハンセン病も水俣病も原爆、原発の被害者に対する差別も根本的な構造は同じ。ハンセン病への差別について考えることは様々な差別行為を無くすことにつながる」と、美代治さんは訴えた。

アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(1)

「10年間アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人」――前代未聞の経歴を持つ男が、非行に走る若者の悩み相談に乗っている。井上ケイさん(52)は、ヤクザだった29歳のとき、ハワイでFBIに捕まり、10年以上、米刑務所で過ごした。ヤクザと縁を切ったケイさんは、「親に捨てられ、行き場を失った子どもたちの悲痛の叫びは誰が受け止めるのか」と訴える。(オルタナS副編集長=池田真隆)

マツコ・デラックスさん、差別の「根っこ」語る

タレントのマツコ・デラックスさんが差別や偏見に対する持論を展開した。差別の根っこには、異なるものに対する「恐怖心」があり、「差別はいけない」と理屈では分かっていても、その恐れが勝ってしまうものと話した。自分たちよりも劣っている集団を見つけては差別するという、「マイノリティがマイノリティを差別する」構造があると言う。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

マツコ・デラックスさんへのインタビューは、日本財団が主催する「THINK NOW ハンセン病」キャンペーンの一環で行われた。同キャンペーンでは1月25日の「世界ハンセン病の日」に向けて、同病への正しい理解を呼びかけている。日野原重明氏やダライ・ラマ14世、ゆるキャラのくまモン、横綱の白鵬関ら数多くの著名人が無償で協力し、メッセージ動画を掲載している。

ハンセン病は、かつて「らい病」とも言われ、皮膚に発疹ができたり、身体に変形をもたらす感染症として、人類から恐れられてきた。同病への薬は1980年代に開発され、それ以降無償提供されだし、医学的には解決の方向に進んでいる。しかし、回復者は家族と絶縁したままで、本名を名乗ることにも抵抗があり、社会から遠ざけられた暮らしを強いられている。手や腕が変形している見た目から、そして、政府の長期にわたる隔離政策もあり、誤った認識が根付いたままだ。

同キャンペーンにマツコ・デラックスさんが協力したのは、2回目。キャンペーンが始まったのが2014年12月1日で、マツコ・デラックスさんは12月上旬にいち早くメッセージ動画を寄せた。そのとき、「ハンセン病はさまざまな偏見や差別の縮図」とコメントし、話題を集めた。そこで1月中旬に改めて時間をつくってもらい、差別に対する考えを聞いた。

インタビューの冒頭、人を差別する行為の根っこには「恐怖心」があると発言。恐しく思う原因は、未知のものを、「理解できない」と断定してしまうことにあるという。「容姿でも思想でも、理解できないことを理解しようとすることもなく、理解できないままにしておくから恐怖を抱いてしまうのだろう」。

そして、「マイノリティがマイノリティを差別する」構造を指摘した。明治6年から政府の隔離政策は始まったが、その当時、ハンセン病患者は物乞いとして生きており、「遍奴」と見下されていた。しかし、病気を発症していなくても、貧困に喘いでいた人たちはいたはずで、その人たちも何らかの偏見は受けていたとし、「自分たちよりも劣った人たちを見つけて、自己を正当化する」構造が新たな差別を生み出すことになったと話した。

ここから話は、現代の若者にも及んだ。ネットの普及で、胸に秘めていた思いを簡単に発信できるようになったと言い、「未来に希望が持てない・虐げられている」と思っている若者が自己を正当化するため、(差別する)標的をつくってしまうのではないかと不安を示した。

取材の最後に、日本は戦後からの成長を遂げ、豊かな暮らしができるようになったが、「差別がない世の中などいままでになかった」と振り返り、ハンセン病問題を考えるため、ゆっくりと言葉を振り絞り、力強いメッセージを語った。

「理解しようとも思わないことが攻撃につながる。ハンセン病の問題がなんとなく収まったからといってうやむやにしてはならない。改めてハンセン病が差別の対象となった背景、悲惨な状況が生まれ、被害にあった人たちがいることを知ることが大切だと思う。無知であることが結果的に差別という発想につながってしまうことを、改めて考える時期に来ている」

アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(2)

*アメリカ極悪刑務所帰りの元ヤクザ、非行少年と向き合う(1)の続き

ちょうどその頃、ケイさんは、自身の生い立ちをまとめた自伝本やDVDを出していた。すると、その影響でケイさんのSNSに若者や保護者から、相談が殺到するようになる。1日に、100件来る日もあった。今でも、週に50件は来ている。「警察や行政、学校の先生には相談できない子どもたちからの悲痛の叫びが届けられる」と話す。



「本名を名乗れなかった人がいたことを知っていますか」

もういいかい?まーだだよ。白骨化してもまーだだよ。――これは、死んでもなお、故郷の墓に入ることが許されないハンセン病患者が自ら、その苦悩を詠んだ川柳だそうだ。今年1月、筆者は東京都東村山市にある国立ハンセン病療養所の一つである多摩全生園を訪れた。目的は、日本で初めて実名で自身の体験を書籍にした元ハンセン病患者の森元美代治さん(76)、美恵子さん(68)夫妻に会うこと。(横浜支局=細川 高頌・横浜国立大学教育人間科学部人間文化課程3年)

*(ハンセン病についてはhttp://alternas.jp/study/global/56151を参照)

園内を案内してもらい、最後に4000人以上の元患者らの遺骨が眠る納骨堂に連れていってもらった。「ここに眠っているのは、最後まで故郷のお墓に入れてもらえなかった人たちなんです」。雪の降り積もる納骨堂の前で、美代治さんがそっと手を合わせる。

美代治さんは故郷の鹿児島県喜界島で、中学二年生のときにハンセン病を発症。以来、自身の病気や社会的差別と闘い続けてきた。実名を公表した理由について「差別のない社会に変えていくためにはきちんと実名を出して、責任を持たなければならないと思ったんです」と美代治さん。

美代治さんがあえて実名を公表したのは、かつて父が話してくれた言葉を大切にしたいとの思いがあったからだ。父は、美代治さんが療養所に隔離されて間もなく、主治医から名前を変えるかどうかと尋ねられ「私がつけた美代治という名前を大切にしたい」と実名を通す意思を示したという。

ハンセン病患者は、「本名がばれたら周りの人に迷惑がかかるから」と自ら名前を捨てる人もいれば、家族や社会からの圧力により半強制的に捨てざるをえない状況に追いやられた人もおり、今も多くの人が偽名で生活している。

「私が最も尊敬しているのは父と母です」美代治さんが誇らしげに語った。「私の父は貧しい農家の出で、学も地位もない」「しかし、今まで自分を差別してきたのは世間ではエリートと言われている人が多かった。最終的に人間の人格を決めるのは、やはりその人の心なんです」。

実名を出したことで、親族から「お前のせいで親戚みんなが迷惑している。青酸カリを飲んで死んでくれ」という心無い非難も受けた。それでも美代治さんは、差別を無くすために今も世界中で講演活動を続けている。

「ハンセン病も水俣病も原爆、原発の被害者に対する差別も根本的な構造は同じ。ハンセン病への差別について考えることは様々な差別行為を無くすことにつながる」と、美代治さんは訴えた。