カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。 ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。 友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。 「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」 「将来の夢はAKB48に入ること!」 なんて。 日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。 でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。 今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、 「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。 まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。 これは精子バンクの話。 日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。 でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。 今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に 同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。 東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。 同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても 渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。 ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。 有名な国ではイランやサウジアラビアです。 これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。 かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。 グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね! 日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。 トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。 トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。 では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったもので、お金のもつパワーには圧倒されることがあります。 「お金なんていらない。愛さえあればいい」 そう言いたいところだけど、現実にはお金がないと家賃も公共料金も払えない……食べてはいけないのですから。 お金を得るにはそれに見合った労働が必要なのは、皆さんもご存知の通り。 でももしも働かなくても、何もしなくても毎月一定のお金が得られるとしたら? それが「ベーシックインカム」と呼ばれる制度です。 今回は、ベーシックインカムのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

観た人が次の出演者に一歩踏み出せるチャンスを誰にも

進行性難病筋ジストロフィーシンガー 小澤綾子さんも出演した
「遊仲 u-chu 」
というイベントに行ってきました。

そこで、代表の川崎尚哉さんと小澤綾子さんにお話しを伺いました。

進行性難病筋ジストロフィーシンガー 小澤綾子さんも出演した
「遊仲 u-chu 」
というイベントに行ってきました。

そこで、代表の川崎尚哉さんと小澤綾子さんにお話しを伺いました。

「遊仲 u-chu 」

イベントの様子

川崎尚哉さん

遊仲 u-chuは、障害者でも楽しめるバリアフリーイベントにしたかった。


始まりは、こんな体験からだそうです。
落語は、今では、使ってはいけない言葉や差別に当たる表現が多用されていて
障がい者は見る事ができない。というより障がい者に見せないようにしている
落語という娯楽が提供側の都合で観たいと思っても見れないのはおかしい、障害者でも落語が好きで楽しみにしている人だっている。

だから、はじめは障害者向けの落語イベントを開催した。
「遊仲 u-chu 」はその思いをもっと形にした
バリアフリーエンターテイメントイベントを目指している。

バリアフリーエンターテイメント?

「遊仲 u-chu 」は、聴覚障がい、視覚障がいを持つ方でも楽しめるように
音声は、文字に、映像は言葉に、その場で変換されて参加者へ届けられます
出演者が話した内容がすぐに会場にいるボランティアによって文字に変換されモニターに映し出される

演劇結社ばっかりばっかりによる朗読劇

視覚障がいのある方でも出演者のことがよくわかるように
演者の自己紹介の時は着ている服の色髪型体系なども詳しく説明されていました。

小澤綾子さん

私は自分が病気だとわかっていつまで元気でいられるかわからない
10年後には寝たきりかもしれないと言われている。でも、楽しむことをやめたくない
誰かに希望を与えられるなら私は今の私にしかできないことを精一杯やろうと思う
今はイベントを観に来るだけでも、いつか一緒にステージにみんなと立ちたいとおもっている。
だから何か始めてみよう。音楽はいつでも誰かと繋がっている。

「遊仲 u-chu 」

最後に参加者の声を一部紹介します。


i-STAGE 主催のバリアフリーイベント「遊仲:-u-chu」に参加してきました
みな、同じ方向を向き、《健常者と障がい者との余計な壁は不要である》事を共感してます。


応援している小澤 綾子ちゃんの唄も聴きたくて…(^O^)/
尚哉さんとは、障害者、健常者っていう壁要らないよねーって意気投合して
チャレンジドフェスティバルのイベントを教えてもらったりしてますが彼主催のイベントは初めて。
いやーーーー楽しかった〜\(//∇//)\ なんかね… 温かいんですよ!流れてる空気が。


とても楽しかったということと私にとってとても勉強になりました。
どこにでもるようなお涙ちょうだいのイベントではなく、健常者も障碍者もしっかり
スクラムを組んでこのイベントを成功させて、さらに絆を深めようというメッセージ
が伝わってきました。


聴覚障がいの為、諦めた事に歌とダンスがあります。他のゲスト参加も良かったです。楽しかった~
通常、コミュニケーションに一番困るのですが、スタッフの皆様のお蔭で中々体験できないこと楽しませて頂きました。



舞台が始まる前はね、正直、盲目のアコーディオニスト??って、
えっ、目が見えなくてもできるの??
とかいろんな感情が出たけど、
はじまるとね、奏でるメロディーにめっちゃくちゃ癒された♡



障がいがあっても楽しむことをやめない。
次回の「遊仲 u-chu 」もご期待ください。

イベント運営 I-STAGE
▼ facebooページ
https://www.facebook.com/istage.info…

▼ WEBサイト
http://www.istage.info/

コンペイトウ

食パンに目玉焼きをのせてマヨネーズかけて食べたらなんであんなにおいしんだろう。

RECOMMENDおすすめの記事

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったもので、お金のもつパワーには圧倒されることがあります。

「お金なんていらない。愛さえあればいい」

そう言いたいところだけど、現実にはお金がないと家賃も公共料金も払えない……食べてはいけないのですから。

お金を得るにはそれに見合った労働が必要なのは、皆さんもご存知の通り。

でももしも働かなくても、何もしなくても毎月一定のお金が得られるとしたら?

それが「ベーシックインカム」と呼ばれる制度です。
今回は、ベーシックインカムのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

社会

幼い少女への強制労働・性的虐待……ネパールの「カムラリ」を知っていますか?

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

社会

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

社会

同性愛で死刑になる?重すぎる刑の理由とは

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

社会

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

社会

国民みんながお金をもらえる!「ベーシックインカム」のメリット・デメリット

「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったもので、お金のもつパワーには圧倒されることがあります。

「お金なんていらない。愛さえあればいい」

そう言いたいところだけど、現実にはお金がないと家賃も公共料金も払えない……食べてはいけないのですから。

お金を得るにはそれに見合った労働が必要なのは、皆さんもご存知の通り。

でももしも働かなくても、何もしなくても毎月一定のお金が得られるとしたら?

それが「ベーシックインカム」と呼ばれる制度です。
今回は、ベーシックインカムのメリットとデメリットをご紹介しましょう。