カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。 とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。 今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。 「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。 公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに! そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。 なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。 ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。 そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。 カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。 もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。 それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。 原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。 病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。 先天性の病気を抱える人が、 「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」 なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。 見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。 そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。 顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

誰かと会話している時、 「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」 「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」 そういう印象を持ってしまうことってありませんか? もしくはあなた自身で、 「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」 「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」 なんて首をひねることがあったりしませんか? もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも? アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。 今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

私たちの脳の中の小人――ペンフィールドのホムンクルスの話

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

【ペンフィールド「大脳は身体のどこの部分をそれぞれに司っているんだろう?」】

私たちの全身の機能を司るという臓器、脳。

その脳の中で特に、知覚、思考、推理、記憶、自分の意思による運動を司るのが「大脳」です。

そして電気刺激を用いて「どの大脳の箇所が」「どの身体の部分を」について細かに研究したのが、カナダの脳神経外科医ペンフィールド(1891~1976)でした。

ペンフィールドは大脳のどの部分が、身体のどの部分に対応しているかだけではなく、脳の各部分の対応領域の割合の大きさまでもを解き明かしたのです。

これを表したのが、「ペンフィールドのマップ」と言われるもので、上に示した図になります。

大脳の上の部分は足の指、すなわち全身のごく下の部分、そして大脳の下の部分は喉や嚥下(飲み下し)と、全身の上の部分であることがわかりますね。

【グロテスクな「ペンフィールドのホムンクルス」は、身体の感覚情報のバランスをビジュアル的に再現したもの】

image by Mike

先ほど、ペンフィールドは「脳の各部分の対応領域の割合の大きさまでもを解き明かした」と述べました。

これは要するに、大脳の各部分と身体の各部分の対応領域のサイズに、ばらつきがあるということです。

ペンフィールドのマップをよく見てみると、手や唇の占める割合が非常に大きいことがお分かりになるかと思います。

これは、人間が何かのモノやコトを認識するにあたっては、手や唇からの感覚情報が非常に重視されるということなのです!

ペンフィールドのマップをもっとビジュアル的にわかりやすくしたのが、上の画像の「ペンフィールドのホムンクルス」と言われる人形です。

大きすぎる手、突き出した舌に唇……。

なんともグロテスクな人形ですが、私たちの脳が、身体のどの部分の感覚情報に重きを置いているのか、一発で理解できますね。

【「手先を動かすと認知症にならない」の裏付け!?】

「手先をよく動かすと、認知症になりにくい」
「咀嚼をよくすると、健康でいられる」
「キスには実は健康効果がある」

こんな話をあなたも耳にしたことはありませんか?

ペンフィールドのホムンクルスを見ていると、これらの話が科学的な裏付けがあるものだということがお分かりになるんじゃないでしょうか。

ホムンクルスの中での大きいパーツからの運動刺激は、私たちの大脳の大部分を活性化させることに繋がるからなんですね。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。

RECOMMENDおすすめの記事

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。
とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。
今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。
公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに!

そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。
なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。

もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。
それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。

原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。

病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。

先天性の病気を抱える人が、
「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。

そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。
顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

誰かと会話している時、
「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」
「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」
そういう印象を持ってしまうことってありませんか?
もしくはあなた自身で、
「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」
「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」
なんて首をひねることがあったりしませんか?
もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも?
アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。
今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。

ライフ

歓送迎会の幹事必見!日本酒「獺祭」が飲み放題の店に聞いてみた

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。
とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。
今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。
公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに!

そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。
なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

ライフ

私たちの脳の中の小人――ペンフィールドのホムンクルスの話

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

ライフ

山の遭難理由の4割は〇〇!その原因と対策を知っておこう。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。

もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。
それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。

原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

ライフ

顔が崩れる先天性の病気「トリーチャー・コリンズ症候群」と私たち「普通の人」

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。

病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。

先天性の病気を抱える人が、
「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。

そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。
顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

ライフ

「天才」ってホントなの!?誤解されがちなアスペルガー症候群について知ろう

誰かと会話している時、
「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」
「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」
そういう印象を持ってしまうことってありませんか?
もしくはあなた自身で、
「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」
「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」
なんて首をひねることがあったりしませんか?
もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも?
アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。
今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。