カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。 ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。 友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。 「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」 「将来の夢はAKB48に入ること!」 なんて。 日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。 でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。 今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、 「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。 まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。 これは精子バンクの話。 日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。 でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。 今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。 グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね! 日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。 トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。 トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。 では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に 同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。 東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。 同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても 渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。 ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。 有名な国ではイランやサウジアラビアです。 これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。 かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。 昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。 子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。 現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。 「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」 と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

【「胚選択の貯蔵庫」で生まれる子どもたち】

かつてアメリカに「天才の遺伝子を遺す」ことを目的とした精子バンクが存在しました。
創立者であるロバート・グラハムは、上流階級の避暑地として別荘の多いミシガン州ハーバースプリングスで生まれ育ちました。
そこで彼は、頭も良く、金を手にした上流階級の男性たちに魅了されていきます。そこから後のグラハムの、「自分も金持ちになりたい」「優れた遺伝子こそが世界を動かすべきだ」という関心が育ったといえるでしょう。

世界初のプラスチックの眼鏡レンズを開発したグラハムは、「金持ちになりたい」という思いを叶えて富豪に。
ありあまる富を資本に、優れた遺伝子を持つ者たちだけの精子バンクを作ります。
これが、「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」・・・胚選択の貯蔵庫。

【グラハムの考えた「優れた遺伝子」とは――筆頭ドナー、ノーベル賞受賞者ショックリー】

しかし、「優れた遺伝子を持つ男性」とは具体的にはどのような男性のことを言うのでしょう?
グラハムは、ノーベル賞受賞者を中心に精子バンクのドナーになるよう、口説き落としにかかりました。グラハムの中では、世界的に功績が認められた男性、というのが「優れた遺伝子」の基準であったのかもしれません。のちに金メダリストの男性をドナーにすることにも成功しまた。

ドナーのプライバシーは守られるものなので、実際のところどれだけのノーベル賞受賞者がこの誘いに乗ったのかは不明です。
しかし、その中で、精子提供をしたことを公にした人物がいました。
それがウィリアム・ショックリーです。彼はトランジスタの発明で有名な科学者であり、実業家として技術革新に一役買った人物。

ドナーのプライバシーが守らなければならない以上、創立者であるグラハムがどんなに「ノーベル受賞者がドナーの精子バンクである」と宣伝したところで、眉唾の感を否めませんでした。

でも、ショックリーがメディアに「自分はドナーの一人である」と認めたことで、一気に形勢が変わり、グラハムの面目を保つことになりました。
同時に、ショックリーもグラハムと同様に、ある点において差別主義的であると批判されるようになります。というのも、「レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス」の根本の方針は以下のようなものであったから。


●すべてのドナーはノーベル賞受賞者などの功績を持った男性であり、白人。
●精子提供の対象は、既婚女性のみである。同性愛者の女性や、独身者には提供しない。


精子バンクで生まれた天才児たちが、世界の救世主となることを望んでいたグラハム。
そしてショックリーはその考えに賛同していたのですから。
少なくともこの二人が優生学的・選民思想的な考えを持っていたことは疑いようもありません。

【ドナーの確保、経済的問題は難題として残された】

しかし、だんだんとドナーの数は確保できなくなります。そりゃ、ノーベル賞受賞者やそれに準ずる人の中で、さらに賛同を得られた人となるとかなり限られてくるはずです。

このあたりはグラハムの誤算であったのかもしれません。おそらく彼は、確固たる自分のポリシーを、もっと多くの人が共感してくれるだろうと思っていたはずです。しかし、実際は違った。ふたを開けてみれば、優生学的・選民思想的な考えに対しての拒否感を抱く人のほうが多かったのでしょう。

その結果として以下のような問題を抱えることになりました。

●当初「ノーベル賞受賞者や、それに準ずるもの」としていた基準が大幅に緩くなってしまった。ついには来るもの拒まずといったレベルにまで落ち込み、看板に偽り有りの状態になっていた。

●遺伝子異常を引き起こすリスクがあるということで、たいていの精子バンクは40歳以下のみをドナーとしていたが、レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイスは60歳まで可としていた。

●子供の数の制限を設けていたのを撤廃した。一人のドナーから生まれる子供の数が多いと、偶然の近親相姦が発生する可能性も高まってしまう。

もう、はっきり言ってめちゃくちゃな内情だと言えますが、ドナー不足を補うために必要なことだったのでしょう。
しかし、新しいやり手の人員を採用することで、レポジトリーはこれらの問題をクリアにしていきました。

ただ、問題は、レポジトリーが常に赤字状態(毎年グラハムの余りある資産で補填)であり、若い後継者もいないことでした。
グラハムの妻をはじめ、彼の家族もレポジトリーの活動に批判的でした。というのも、彼が自分の実子よりも、精子バンクで生まれた子供たちのほうをより大切に思っている節があったからです。

グラハムは1996年に死去。死因は転倒によるバスタブでの溺死です。
グラハムの意志を継いで運営に携わった人物も、まもなく死去し、遺書にはレポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイスについてのその後の処遇が明記されていなかったため、閉鎖が決定します。1999年のことです。
1980年の発足から数え、生まれた子供は200人ほどでした。

【結局天才は生まれたのか?】

レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイスの精子提供によって生まれた子供のうち、実はその後の成長がわかっている人物は数が限られます。

レポジトリー・フォー・ジャーミナル・チョイス側では、
「その後はいかがですか?」
「もうお子さんにIQテストは受けさせましたか?」
などといった質問事項を提供した女性たちに郵送していましたが、その返送率は驚くほど低かったとか。子供の天才児ぶりをデータとして提示できないことに、生前のグラハムはやきもきしていたようです。

しかし、レポジトリーが生んだ二番目の子供は、驚くほどに優秀で、グラハムの勲章とも言うべき存在でした。
2歳でコンピューターを操り、5歳でハムレットを読んだ彼のIQは180。マスコミは彼を追いかけ回し続けました。
しかし、彼はインタビューで以下のように述べています。


「僕はいつも、内気で孤独な子供でした。人目に晒されることは、ひどく苦痛でした。これがいま、あまり人に好かれないと自覚する理由の一つです。僕はいつも、人に値踏みされているように感じていました。子供にとっては、もっと安心できる環境で育つ方がずっとよいのです。母かあれこれ私の天分を証明しようとしなかった方かがずっとよかったでしょう。神童になっていいことなんて、何もありません。つねに人から天才精子児と言われてきましたが、すべてに秀でているわけではありません。人の期待に応えようとか、本来の自分の希望通りの存在でいることかできないと思うと、大変な重圧がかかるものです。母は悪気はないのです、か、僕に自分は特別なのだと思わせることによって、結果的に重荷を負わせてしまったのです」彼はこうも漏らした。
「僕はいつも、お前は特別なんだよと言われて育ちました。でも、特別なんかでありたくはなかった」


彼は未だにマスコミからの取材を受ける理由として、
「精子バンクで生まれた子供が普通の子供となんら変わらないことを示すため」だと述べています。

(引用及び参照 ディヴィッド・プロッツ『ジーニアス・ファクトリー』早川書房刊)

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

社会

幼い少女への強制労働・性的虐待……ネパールの「カムラリ」を知っていますか?

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

社会

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

社会

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

社会

同性愛で死刑になる?重すぎる刑の理由とは

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

社会

大注目の銀行の貸金庫!入れていいもの。悪いもの。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。