カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。 ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。 友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。 「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」 「将来の夢はAKB48に入ること!」 なんて。 日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。 でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。 今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、 「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。 まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。 これは精子バンクの話。 日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。 でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。 今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。 グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね! 日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。 トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。 トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。 では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に 同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。 東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。 同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても 渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。 ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。 有名な国ではイランやサウジアラビアです。 これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。 かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。 昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。 子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。 現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。 「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」 と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

虹色トウモロコシ

photo by instagram

この虹色トウモロコシ、開発したのはネイティブアメリカンの農家のカール・バーンズさん

開発者のカール・バーンズさん

photo by i.dailymail.co.uk

虹色トウモロコシは
カール・バーンズさんの手によって長年の品種改良の結果生み出された奇跡のトウモロコシです。
カール・バーンズさんは、この虹色トウモロコシを遺伝子組み換えではなく自然交配の品種改良によって作り上げました。見た目は食用には見えませんが、これは歴とした食用のトウモロコシで実際に食べる事もできます。

photo by instagram

茹でる、生で食べる、という食べ方は身も硬く向いていないようですが、ポップコーンにした場合は普通のポップコーンと同じように白いポップコーンができるそうです。味もポップコーンにすると美味しく食べられます。

虹色トウモロコシの種

photo by instagram

虹色トウモロコシ(グラスジェムコーン)という名前にふさわしい宝石の様な美しさです。
ですが、不思議ですね。どうしてこんな複雑な色のトウモロコシができるのでしょうか?
この虹色トウモロコシの作り方は企業秘密で、詳しくは公開されていませんが
植物の色を自在に変える研究をしている企業が他にもありました。しかも日本に。


その企業とは。。

そう、青いバラを開発したサントリーです。

引用 http://www.suntory.co.jp/sic/research/s_bluerose/related/color.html

サントリーによると植物の色は遺伝子によって酵素の働きが決められ、その酵素の働きで作られたフラボノイドの色によって決定されるそうです。図のようにフラボノイドには、それぞれの色があり、植物にはそのフラボノイドの色が反映されます。例えば、青いバラは青いフラボノイドを作る酵素の働きを活性化させることによって青を発色しています。バラには本来、青いフラボノイドを作る酵素の働きを活性化する遺伝子はありませんでしたが、遺伝子組み換え技術によって青いバラが実現しました。

日本にもカラーコーンが存在していた。

photo by instagram

虹色トウモロコシと比べてみると半分くらいは黄色のトウモロコシです。
でも、これは日本では以外と馴染みの深いトウモロコシです。
現在主流のスイートコーンが開発されるまではこの「モチキビ」が主流だったそうです。このモチキビも、品種改良されていない物は黒モチキビと言い真っ黒のトウモロコシです。見た目が悪く病気に弱いという理由で品種改良されています。
ちなみにこの、モチキビは、年配の方にはとても懐かしいトウモロコシだそうで、味は名前のままでもちもちした食感のあっさり系です。

そして、これは、一見普通のトウモロコシですが。。

photo by http://www.toumorokoshi.net/

みなさんが普段よく食べているトウモロコシも、よく見ると白っぽい粒と黄色い粒が混ざっているバイカラーコーンという種類の物です。そして、全ての粒が黄色のゴールデンコーンという種類のトウモロコシもあります。しかしこれらも実は、品種改良を加え甘みを増し黄色に揃えたトウモロコシです。

昔ながらのトウモロコシにも虹色トウモロコシの様な複雑な色のトウモロコシがあった事も驚きですが、もしかすると、完全な黄色いトウモロコシもまた奇跡的な色なのかもしれませんね。

コンペイトウ

食パンに目玉焼きをのせてマヨネーズかけて食べたらなんであんなにおいしんだろう。

RECOMMENDおすすめの記事

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

社会

幼い少女への強制労働・性的虐待……ネパールの「カムラリ」を知っていますか?

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

社会

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

社会

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

社会

同性愛で死刑になる?重すぎる刑の理由とは

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

社会

大注目の銀行の貸金庫!入れていいもの。悪いもの。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。