カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。 ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。 友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。 「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」 「将来の夢はAKB48に入ること!」 なんて。 日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。 でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。 今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、 「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。 まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。 これは精子バンクの話。 日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。 でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。 今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。 グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね! 日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。 トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。 トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。 では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に 同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。 東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。 同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても 渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。 ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。 有名な国ではイランやサウジアラビアです。 これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。 かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。 昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。 子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。 現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。 「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」 と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【サントリー、小学館、ロッテ・・・】あの大企業はなぜ上場しないのだろう?

「一部上場の企業の勤め人」というのは、娘息子の連れてくる恋人としてはとても親ウケがいいという話を聞いたことがあります。

確かに「上場している企業」というと、すごくしっかりした大企業というイメージ。

でも実は「上場している企業に大企業は確かに多い」けど、「大企業だからって上場しているとは限らない」のです!

今回は、私たちの知っているあの大企業たちがなぜ上場しないのか、非上場のメリットについて書いてみましたよ。

【そもそも「企業が上場している」ってどういう状態だ?】

そもそも「企業が上場している」とはどのような状態のことを言うのでしょうか?

株式会社は、多くの人に株主になってもらう(株を買ってもらう)ことで企業の設備投資資金や運転資金を集めますよね。

この株のやり取りを行っているのが、証券取引所です。
その中でも最も有名なのが、「東京証券取引所(東証)」なのですね。

もちろん他にも多くの証券取引所がありますが、ここでは一番有名な「東証一部上場」を例に挙げましょう。

ある証券取引所で自分たちの会社が取引されるためには、一定の審査をクリアする必要があります。

その中でも、「東証一部」に上場するための審査はとても厳しいのです。

●株主数
●流通株式数
●時価総額
●純資産
●利益
●設立年数

などなどがチェックされ、「うん、この企業は信頼ができる大企業だ!」と認められてようやく上場することができます。

そこで多くの企業は東証一部に上場することを目指し、見事それを果たした暁には「うちの企業が東証一部に上場しました!」と宣伝します。

そのほうが信頼に足る企業として、株主を集めやすいからですね。

【サントリー、ダイソー、朝日新聞社・・・上場していないあの企業】

上場することのメリット、おわかりいただけましたね。

しかしこのメリットを捨てても、あえて「上場しない」という大企業は存在しています。

具体的には……

●サントリー
●佐川急便
●ロッテ
●大創産業(※100円ショップの「ダイソー」を運営)
●JTB
●小学館
●朝日新聞社

などの名だたる企業が上場していないのです!
ちょっと意外でしょ?

なぜあえて「上場しない」という選択をしているんでしょう?

あの大企業が上場しないのなぜ? 考えられる理由1――株主の意向に振り回されないため

当然のことながら、「上場する=株式が自由に取引されるようになる」ということですよね。

これによって株主が力を持つことがあり得ます。
力のある株主が常に経営を見張って口出しができる、という事態になると、経営陣が自分たちの思う通りの経営ができなくなってしまうのです。

経営陣としてはAの方針でいきたいけれど、株主の意向としてはBという場合、経営陣が泣く泣くBの方針でいかねばならないということが起こります。

たとえば、先ほども名前を挙げたサントリーは、もともとウィスキーを作っていた企業です。そのため、今でこそビールづくりでも評価を得てはいますが、当初ビール部門は開発に苦戦し、赤字が続いていました。

もしも上場していた場合、株主の意向として「赤字続きのビールから撤退せよ!」というものが多くを占めたと考えられます。

しかし上場していないサントリーは、赤字を気にせずにビールづくりを続けるという方針を選びました。

そこで今日のビール部門での成功があるというわけですね。

あとは創始者一族の権限を保つために……という可能性もあるでしょう。

あの大企業が上場しないのなぜ? 考えられる理由2――敵対的買収を防ぐため

Aという企業が経営権を得るために、Bという企業の株の買収を行う――このことを「敵対的買収」と呼びますよね。

株式を多く取得することで、子会社化したり、経営を支配します。

日本では敵対的買収は悪のように言われてはいますが、上場している以上は常に株の買い占めが起きるリスクがあり、買収する側の企業も単にそういう方針なだけです。

が、買収される側の企業にとっては「たまったもんじゃない!」と当然思うので、このリスクをなくすためにあえて上場しないということも考えられますね。

【最後に――非上場の大企業の上場する可能性は?】

上場するメリットとしては、企業ステータスの向上や資金調達が簡単になるということがあります。

が、今回本文中に挙げた企業が、今後上場する可能性は低いと思われます。

というのも、今回挙げた企業はすでに大企業と言えるレベルなので、ステータスの向上や資金調達などには、さしてうまみがないだろうと推測できるからです。

企業規模が拡大したり、経営陣の考え方が変わったりということがあり、今後上場する可能性ももちろんゼロではありません(そのような前例には大塚製薬などがありますし)。

ただ、一般の消費者にとってはすでに有名になっている大企業が上場してようが、そうでなかろうが、実感を持つ機会ってほとんどないでしょうね。

今回の記事の内容は、ちょっとした話の種にでも使ってくださると幸いです!

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

社会

幼い少女への強制労働・性的虐待……ネパールの「カムラリ」を知っていますか?

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

社会

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

社会

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

社会

同性愛で死刑になる?重すぎる刑の理由とは

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

社会

大注目の銀行の貸金庫!入れていいもの。悪いもの。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。