カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。 幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。 しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。 そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。 臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。 これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか? ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。 そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。 どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。 布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。 こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。 でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。 クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ! 今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。 宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。 ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら? 今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。 動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。 このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。 そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか? 今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

あなたの知らない合成宝石の話

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

【キュービックジルコニアは合成宝石なの?――合成宝石と人工宝石の違い】

「合成宝石ってさ、キュービックジルコニアのことでしょ?」
ダイヤモンドの模造品として出回っているキュービックジルコニア。今では本当に身近な存在となりましたよね。ダイヤモンドと同じ屈折率を持ちながらも安価なので、普段使いのアクセサリーにはぴったりの素材です。
でも、キュービックジルコニアは今回お話しようとしている合成宝石には含まれません。
人間の手で作り出した宝石には、「合成宝石」と「人造宝石」とがあるからです。


●合成宝石
・・・天然宝石と比べ、化学組成と結晶構造が全く同じ宝石のこと。そのため屈折率や光沢、密度に至るまで同じ。むしろ不純物が含まれないため、天然宝石より美しいこともある。

●人造宝石
・・・見た目こそ天然宝石によく似ているが、化学組成が全く異なる石。天然にはそもそも存在しない宝石である。なお、不純物が含まれないという点では合成宝石と同じ。

両者とも宝飾品や工業用として用いられます。
キュービックジルコニアはダイヤモンドに似てはいますが、その化学組成は全く異なり、自然界には無い宝石です。だから人造宝石に該当するんですね。
これら2つをまとめて「人工石」と呼ぶこともあります。

【合成宝石は養殖魚!?】

さきほどの説明をご覧になって、
「じゃあ合成宝石は天然宝石と同じ物ね」
と感じた方と
「結局ニセモノだよね」
という全く逆の感想を抱いた方がいらっしゃるかもしれません。
合成宝石は、化学組成と結晶構造が全く同じなので、化学的にいえばもちろん天然宝石と全く同じ石です。
でも「しょせんは人の手によって作りだされたものだ」という点にこだわる人にとっては、ニセモノという風に映ってしまうのかもしれませんね。これは天然の魚がいいか養殖の魚でいいか、という議論に近いでしょう。
そもそも宝石が宝石である条件として、「希少性」を含むという考え方もあります。

であれば、大量生産できてしまう合成宝石は宝石ではないということになってしまいますよね。
ということは、全く同じ化学組成の石であるのに、一方は宝石であり、他方は宝石ではない、ということになるわけです。「合成宝石の均一性のある美しさではなく、天然宝石のムラのあるところがいい」なんていう意見もありそうですね(でもじゃあ、ムラのある合成宝石が作れちゃったらどうなるんだ?)。

【合成宝石はすでに身近な存在!】

いくら天然宝石重視派の人がいたとて、合成宝石は私達が考えている以上にすでに一般的です。
「合成ルビー」というネーミングでは色気がないので、現在では「シンセティック・ルビー」などという名で売られていることが多いのですが、ぜひ一度「シンセティック・○○○(宝石の名前)」で通販サイトで検索してみてください。美しい合成宝石たちに目が奪われることでしょう。
そもそも、天然宝石も宝飾用として出回る前に、人の手を加える処理を行うのはごくごく普通のことです(処理しない宝石ももちろんありますが)。加熱や着色、ワックスなどで色を変えたり、光沢をさらに出したりしているんですよ。
合成宝石を作ることと、人の手によって処理することのボーダーは意外と近いように思います。
あなたの家の宝石箱の中、本当に天然宝石だけでしょうか?

【最後に】

天然にはありえない大きさ、均一性のものを作りだすことができるのが人工宝石の魅力です。
ちなみに、日本では「京セラ」が特に開発に力を入れており、京セラの開発した加工しやすいオパールは人工宝石をより私たちに手に取りやすい存在にしようとしています。
「美しい天然宝石」「美しくない天然宝石」「美しい合成宝石」……今後人工宝石の分野はめまぐるしく発展し、宝飾における選択肢をさらに広げてくれることでしょう。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。

動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。

このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。

そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか?

今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。

テクノロジー

(オカルトではない!)臓器移植を受けた人が、提供者の記憶を引き継ぐ「記憶転移」

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

テクノロジー

精子提供によって起きる問題。今すれ違った可愛い子、あなたの妹かもしれないよ

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

テクノロジー

どうして冬眠する動物とそうでない動物がいるんだ?

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

テクノロジー

あなたの知らない合成宝石の話

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

テクノロジー

動物園の役割をほんとに知ってる?絶滅危惧種を守るズーストックってなに?

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。

動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。

このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。

そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか?

今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。