カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。 幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。 しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。 そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。 臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。 これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか? ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。 そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。 どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。 布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。 こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。 でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。 クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ! 今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。 宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。 ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら? 今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。 動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。 このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。 そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか? 今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

(オカルトではない!)臓器移植を受けた人が、提供者の記憶を引き継ぐ「記憶転移」

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

【臓器移植後に食べ物などの嗜好の趣味が変わる!?】

今ではよく聞かれるようになった「臓器移植」という言葉。

移植の歴史は1902年、オーストラリア人医師の犬を使った実験に始まります。人間の臓器移植では、1954年アメリカで一卵性双生児の腎臓移植が成功。まだまだ歴史の浅い医療行為なのです。

その後は世界でたびたび移植手術が行われるようになりますが、そこで例の「記憶転移」と呼ばれる現象が起きるようになりました。

心臓移植の後に急に食べ物や音楽の趣味が変わった。
恋愛対象の好みのタイプが変わった。
自分は一人っ子なのに、どうも仲のいい姉妹がいる気がしてならない―ーなどです。

これらは移植のみならず、大量の輸血を受けた場合にも起こるとのことです。

【臓器移植という人生の大きな試練を乗り越えた人は、価値観の変化があるのかも?】

移植した元の患者である臓器提供者(ドナー)と、移植された患者(レシピエント)は事前に会うことができません。

ドナーはすでにこの世の人ではないということもありますしね。

ですから、レシピエントがドナーの情報を知るわけはないのに、ドナーの性格や嗜好に似ていくのは非常に興味深いことです。

ただし、これらの科学的な根拠を見つけることは困難です。

というのも、臓器移植をするということは、人生での大きな出来事となります。レシピエントは、その大変な出来事を乗り越えたわけですから、価値観ががらりと変わってしまっても何ら不思議はないと言えるからですね。

しかしそれでもやはり、記憶転移はあるかもしれないと思わせるエピソードがあるのです。

【50歳の女性の中に生き続ける18歳の青年】

『記憶する心臓』というノンフィクションの著書の中で、記憶転移に関しての興味深い記述が詳細に書かれていますのでご紹介します。

アメリカに住む50歳のクレアという女性は、難病に冒され、心臓の移植手術を余儀なくされました。手術は無事成功し、五ヶ月が経った頃、クレアは「現実と見まがうばかりの妙に鮮明な夢」を見ます。以下引用です。

「暖かい夏の日、わたしは広々とした野原に立っている。そばには長身でほっそりした、だがたくましさを感じさせる砂色の髪の若者がいる。彼の名前はティム、名字はたぶんレイトンだと思うが、確信はない。いずれにせよ、わたしは若者のことをティムだと思っている。わたしたちは陽気に冗談を言いあっている。とても仲のいい友だちといった感じだ。

【中略】

わたしたちは別れのあいさつにキスを交わす――そうしながら、わたしはティムを自分の中に吸いこむ。あれほど胸一杯に深く息を吸いこんだことはない。そしてその瞬間、わたしはティムと自分が永遠に絆で結ばれたのだと感じる。」

クレアはこの若者と現実には友達でもなんでもなく、知らない他人のはずでした。
しかし、クレアは夢の中で彼の名前を「ティム・レイトン」だと知っているのです。

そしてクレアが目覚めた時、彼女はこの若者こそが自分の元の心臓の持主に違いないとなぜか確信します。

その後もたびたび「自分が男になった夢」を見たり、それまでとは体質が変わったりという事が起こりました。

●早寝だったのが、完全に夜型になった
●若い友人たちと付き合うようになった
●今までにない健康体になった
●低血糖と冷え性の体質が治った
●性欲が増した

そしてついに、自分が手術を受けた日の新聞の地方紙に「ティム・L」という18歳の若者が、バイク事故で亡くなったという記事が載っているのを突き止めたのです。

実はクレアは、うっかり口を滑らした看護師から「メイン州に住んでいた18歳の少年がドナーで、バイク事故で死亡した」ということを聞いていたんですね。

もちろんこの看護師は守秘義務違反ではありましたが。

いつしかクレアは、ティムを自分の弟だと感じるようになり、自然と彼の家族とも会いたいと思うようになりました。新聞記事には住所も記載されていたため、クレアは家族と連絡を取り、彼らと面会します。

夢の話、手術後になぜかピーマンとチキンナゲットが好きになったというクレアの言葉に、家族らはティムがクレアの中で生き続けていることを受け入れたのでした。

(参考書籍『記憶する心臓』クレア・シルヴィア ウィリアム・ノヴァック共著 角川書店 1998)

【脳ではない神経細胞の中に記憶を形成できる能力が持つものがある!】

私たちは自分たちの記憶が、脳に保存されていると思っています。
しかし、記憶転移が事実だとしたら、脳じゃない部分にも記憶が残っている、その機能があると言えますよね。

今年(2016年)1月、名古屋大学の森郁恵教授・貝淵弘三教授らの共同チームは、緑虫を用いた実験で、神経細胞の中に記憶を形成できる能力が持つものがあるのを突き止めました。

その神経細胞は今まで、温度を感知する機能だけを持っていると思われていました。

ミドリムシは通常15~25℃の間で活動します。
そして15℃で育てられたミドリムシは15℃で、25℃で育てられたミドリムシは25℃で、カルシウム濃度が高まる(要するに反応する)ということがわかりました。

つまり、その細胞が育てられた環境を憶えているらしい。

脳の神経ネットワークだけではなく、細胞の一つにも記憶が宿るのではいかということです!

これが明らかになれば、記憶転移がオカルトではいことが医学的に実証され得ますね。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。

動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。

このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。

そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか?

今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。

テクノロジー

(オカルトではない!)臓器移植を受けた人が、提供者の記憶を引き継ぐ「記憶転移」

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

テクノロジー

精子提供によって起きる問題。今すれ違った可愛い子、あなたの妹かもしれないよ

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

テクノロジー

どうして冬眠する動物とそうでない動物がいるんだ?

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

テクノロジー

あなたの知らない合成宝石の話

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

テクノロジー

動物園の役割をほんとに知ってる?絶滅危惧種を守るズーストックってなに?

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。

動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。

このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。

そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか?

今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。