カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。 とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。 今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。 「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。 公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに! そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。 なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。 もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。 それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。 原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。 ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。 そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。 カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。 病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。 先天性の病気を抱える人が、 「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」 なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。 見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。 そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。 顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

誰かと会話している時、 「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」 「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」 そういう印象を持ってしまうことってありませんか? もしくはあなた自身で、 「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」 「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」 なんて首をひねることがあったりしませんか? もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも? アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。 今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【3つのタイプ別】あの人はどのタイプの「コミュニケーション障害」だろうか?

「コミュニケーション障害」、略して「コミュ障」という言葉も聞き慣れたものになりました。

「会話を中心としたコミュニケーションに問題を抱えている人」
「雑談が苦手な人」

という理解が共通のものになっているとは思いますが、実は一口にコミュ障とは言ってもその人の抱えている問題点はさまざま。

今回はコミュ障を3つのタイプ別に分けて、解説していきましょう。

1、アスペルガー障害型コミュ障

「比喩などを理解するのが苦手で、言葉の裏の意味が汲み取れない」
「いつの間にか自分の主張ばかりをしてしまう」
「空気が読めない」

こういったタイプであるなら、アスペルガー障害型のコミュ障と言えます。

アスペルガー障害と言えば、他者に対して共感を示すのが苦手な一方で、驚異的な記憶力や特定の高い才能を示すという特徴を持つ発達障害です。

この障害を持つ人の多くはコミュニケーションの面で問題を抱えることがあり、本人も「自分はコミュ障だな。でもなぜうまくコミュニケーションが取れないのかわからない……」という自覚を持っていることが多いもの。

もしも能力が高いのに反比例し、コミュニケーションがうまくいかないならの人はアスペルガー障害型のコミュ障と言えるでしょう。

生まれ持った特質を根本から変えることはできません。

が、本人が他者とのコミュニケーションの面でよりよくなりたいと望むなら、「他の人はどう感じているかという共感はわいてこないが、こういう言い方をすれば喜んでくれるようだ」というトレーニングを積むことで改善も可能です。

2、小心者型コミュ障

「自分がこんなことを言ったら馬鹿にされるかも」
「空気を読みすぎて発言の機会を逃しちゃう」

こんな風に思っているとすれば、その人は小心者型のコミュ障かもしれません。

先回りをしすぎて「石橋を叩いて壊して渡らない」、相手とのコミュニケーションを取る前に撤退してしまうのでコミュニケーションが成り立たないというタイプですね。

このタイプの多くは、過去に何かしらのトラウマな体験を抱えていることがあります。

たとえば、自分の発言や行動が原因で親の叱責を受けたとか、友人同士がケンカをしたとかいじめにあったとか。

ただ、そのような体験は多くが幼少期のものなので、これらを乗り越えることでコミュ障を脱することができそうです。

このタイプの人はコミュニケーションを避けるあまりに会話の経験値が低いため、口下手を併発しています。まずは自分から発言をしてみるという一歩を踏み出すことが重要です。

すると世の中の人々は案外優しく、あなたの発言くらいでは大事件に発展しないということが理解できるでしょう。

3、積極的で自信家型のコミュ障

image by Kentaro Ohno

「コミュ障」と言うと消極的で気弱な人をイメージしてしまいがちですが、実際は積極的で自信家型のコミュ障も存在します。

「とにかく私・俺の話を聞け」
という一方で
「お前の話に興味はない」

というのがこのタイプになります。

本人がパワフルで目立つタイプのため、イエスマンを周りに置いていることが多いのでコミュ障だということがわかりにくいんですね。

ですが、イエスマン以外の人とはコミュニケーションをうまく築けない(=イエスマンのほうが合わせてあげている状態)ので、これもやはりコミュ障の一種ということになります。

自分が話すことがとにかく大事で自分本位なため、このタイプの人たちは他者の話をよく聴いてあげる技術を身につけることで、コミュ障を改善することができるでしょう。

「人の話を聴かないこと・自分本位な態度をとることが、自分のイメージを下げ、イエスマン以外を遠ざけてしまう」ということにまずは気がつくのが重要かもしれません。

ちなみに、アスペルガー障害でも積極的な人はこのような特徴を示すことがあるので、実はタイプ1であったということもあり得ます。

【最後に】

いかがでしたか。

タイプ別にご紹介してみたものの、「コミュニケーションが上手く取れない」という問題は同じ。

「どのタイプに当てはまるか」と考えるよりも、「どういった風に発想を変えればコミュニケーションがうまくとれるようになるか」のほうがより重要なのは間違いありません。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。

RECOMMENDおすすめの記事

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。
とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。
今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。
公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに!

そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。
なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。

もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。
それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。

原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。

病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。

先天性の病気を抱える人が、
「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。

そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。
顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

誰かと会話している時、
「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」
「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」
そういう印象を持ってしまうことってありませんか?
もしくはあなた自身で、
「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」
「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」
なんて首をひねることがあったりしませんか?
もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも?
アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。
今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。

ライフ

歓送迎会の幹事必見!日本酒「獺祭」が飲み放題の店に聞いてみた

もうコートが手放せない季節、冬に飲みたいお酒といえば、やはり日本酒。
とくとくとくっと、おちょこやグラスに注ぎ、キュッと一杯なんて最高です。
今、そんな日本酒に目がない日本酒通を唸らせているのが、「獺祭(だっさい)」という純米酒です。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」いると宣言している蔵元のこだわりが生んだ獺祭は、今大変な入手困難となっています。
公式のオンラインショップでは「商品のお届けまでに約2ヶ月かかっております」という、無慈悲な言葉が……おまけにお値段も結構するし……。今、今飲みたいのに!

そんな悲痛な叫びをあげていた筆者に、救いの手が差し伸べられました。
なんと、そんな獺祭が飲み放題のお店があるというではないですか。

ライフ

山の遭難理由の4割は〇〇!その原因と対策を知っておこう。

御嶽山の捜索再開や箱根山の警戒レベルなど、山の怖さを思い出させてくれるニュースが頻繁に伝えられています。

もちろん、ニュースでは伝えられていない遭難もたくさんあり、遭難件数は年間2,000件にものぼります。
それらの遭難の原因で、一番多いのは、意外だけど言われれば納得する身近なもの。

原因と対策をしっかり押さえて、夏から秋に向けての山登りを安全に楽しみましょう!

ライフ

私たちの脳の中の小人――ペンフィールドのホムンクルスの話

「ホムンクルス」というのは、もとは古代ヨーロッパの錬金術で作れられるという、小人のことを言いました。

ハーブや動物の内臓で作られたその小人は、生まれながらに知識を持ち、フラスコ内でしか生きられなかったとか。

そんなお伽話の中の科学が信じられていた昔と違い、現在「ホムンクルス」と言うと別の小人のことを指すようになっています。

カナダの脳神経外科医ペンフィールによると、私たちの脳の中には、グロテスクな小人――ホムンクルスが住んでいるということなのです。

ライフ

顔が崩れる先天性の病気「トリーチャー・コリンズ症候群」と私たち「普通の人」

生きている限り切っても切れないのが、病との関係です。

病気と一口に言っても、その中には先天性のものもあれば後天性のものも存在します。

先天性の病気を抱える人が、
「なぜよりによって私はこの病気と一緒に生まれたのだろう?」
なんて思ってしまうこともあるかもしれませんね。

見た目にすぐに「普通ではない」と判断がついてしまうような病気の場合、他者からの視線にも悩むことになるでしょう。

そのうちの一つが先天性の病気、「トリーチャー・コリンズ症候群」。
顔の骨の奇形のために、顔が崩れる病です。

ライフ

「天才」ってホントなの!?誤解されがちなアスペルガー症候群について知ろう

誰かと会話している時、
「あれ、なんだかこの人妙に話が通じない感じがするな?」
「うーん、真面目だけど自分勝手な人なのかなぁ」
そういう印象を持ってしまうことってありませんか?
もしくはあなた自身で、
「どうして自分は他の人とうまくやっていけないんだろう?」
「他の人が当たり前にできていることが、自分は苦手だなぁ」
なんて首をひねることがあったりしませんか?
もしかしたらそれ、アスペルガー症候群かも?
アスペルガー症候群は、「症候群」とは言うものの、病気ではありません。言わば、脳の搭載OS(オペレーションシステム)が異なっているだけ。
今回は、誤解されがちなアスペルガー症候群について解説していきます。