カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。 人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。 特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。 そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。 声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。 「これは仮面舞踏会というやつですね!」 そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。 そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。 というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。 それでも気になってしまう仮面舞踏会。 結局なんなの?

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【ディズニー好きは知っている!】会員制の秘密のレストラン「クラブ33」とは?

チケットの値上がりが逐一ニュースになる夢の国、ディズニーリゾート。

それでも来場者数は衰えないのですから、まだまだ多くの人の心をつかんで離さないようですね。

さて、ディズニーランド内に、知る人ぞ知る「クラブ33」と呼ばれる場所があるそうです。
一般来場者は立ち入ることができないという、会員制の秘密のレストラン。

今回はそんなクラブ33について。

【33番地にあった、ウォルトの秘密のプライベートレストランが「クラブ33」】

ディズニーリゾートの中に、数多くの飲食店があるのは皆さんもご存知だと思います。

コースのあるちょっと格式張った予約必須のレストランから、食べ歩きのできるチュロスやギョウザドッグを売るフードスタンド、はては和食料理屋に至るまで、来園者(ゲスト)の好みに合わせたお店が用意されていますよね。

「クラブ33」というのも、一応はこの飲食店の1つに数えられます。が、クラブ33は言うなれば「秘密のレストラン」。

本来はカリフォルニアのディズニーランド内に存在した、ウォルト・ディズニー本人が客人を招くために作ったごくごくプライベート目的のためのレストランでした。

ディズニーランド内のニューオーリンズ・スクエアにこのレストランはありましたが、番地が33にあたるために「クラブ33」と呼ばれていたのです。

このレストランはウォルトの死後、会員制レストランとして残ることになります。

そしてこのニューオリンズ・スクエアのクラブ33を真似して作ったのが、東京ディズニーランド内にあるクラブ33なのですね!

【東京ディズニーランドのクラブ33はどこにあるの? 何が食べられるの?】

東京ディズニーランドのクラブ33はワールドバザールにあり、三井住友銀行の隣に目立たない入り口がひっそり。

地味な外観ではありますが、よく見ると確かにその扉には「33」という表記が……!

もちろん内部には予約のある人だけしか入れませんが、予約者として入ってしまえば撮影はOKだとか(それをネット・SNSにアップするのはNG! でも興奮のあまりにアップしちゃっている人もいるようですね……)。

気になるお料理は本格的なフレンチコース。
デートなどでサプライズで連れてきてもらったら感動するかもしれませんね~!

内部ではクラブ33だけでしか買えないというさまざまなグッズが販売されているそうですが、これも転売などは禁止。ミッキーなどのデザインではない、「33」を押し出したシックなデザインのよう。

「ここでしか買えない!」と言って欲しくさせる限定商法が上手ですね。

【クラブ33に行きたい人が満たさなければいけない条件とは!?】

クラブ33は一般的には非公開ですから、ここを利用するにはある条件を満たしていなければなりません。

その条件とは……

●クラブ33会員権保有者であるディズニーリゾート関係者からの紹介(要するにコネ!)
もしくは
●JCBカードの最上位である「ザ・クラス(THE CLASS)」の取得

のいずれかとなっています!
もしもあなたがクラブ33に興味があるのなら、人脈を駆使してディズニーリゾート関係者からの紹介を受けられるように努力するか、「ザ・クラス」を自力で取得しなくてはなりませんね。

ちなみに、「ザ・クラス」は世間一般ではブラックカードだとされており、自ら申し込むのではなく、インビテーションと呼ばれる招待を受けることで初めて取得可能なクレジットカードです。

JCBゴールド→JCBゴールドザ・プレミア→JCBザ・クラス

という順序を踏まなくてはいけないので、まずはJCBゴールドを手に入れランクアップさせていきましょう!

ちなみに、ザ・クラスの年会費は5万円です。
これを高いと見るか安いと見るかはあなた次第!

(※現在ではザ・クラスの所有者も、クラブ33への予約は抽選になっているようです。クラブ33の抽選権を得られるものと捉えましょう)

ちなみに、JCBはディズニーリゾートの強力なスポンサーなので、ザ・クラスでなくても一枚持っていればディズニー好きにはいろいろと特典があるようですよ。

クラブ33はあくまでも「ディズニーに関係ある者たちが社交する場」であって、ザ・クラスを持っていても会員権を持つ人よりは利用できるサービスは少ないようです。たとえばミッキーと会える誕生日コースなどは、会員権を持つ人だけが予約できるサービスとのことです。

ザ・クラスで予約できるのはディナーではなく、ランチですしね。

【クラブ33は食べログにも載ってる!?】

一時期はまるで都市伝説かのように思われていたクラブ33ですが、現在はネットの普及もあり、その詳しい情報を手に入れやすくなっています。

ちなみにGoogle検索で「クラブ33」と入れると最上位に出てくるのは、かの食べログ(2017年4月6日現在)。確かにレストランではありますからね……。

食べログのページでは、メニュー・お店の雰囲気もちらりと知ることができるので、気になった方はぜひ覗いて見てくださいね!

欲しい情報がすぐに手に入るのは便利だけど、

「クラブ33って一体何なんだ!? そんな場所本当にあるのか!?」

などと都市伝説的にわいわい騒いでいられた昔も、それはそれで楽しかったのかもしれません。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。

人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。

特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。

そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。

声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?

カルチャー

占いの科学的根拠はない。しかし「科学的な効果は期待できる」理由とは?

「今日の占いの一位は山羊座のあなた!ラッキーカラーはイエローです!」
なんて毎朝の情報番組でやっていますよね。

占いは科学的根拠がないという意見もありますが、それでも多くの人の心をつかんで離さないのは、実は科学的な理由があるってご存じでしたか?

きっとあなたも聞いたことのある、「プラシーボ効果」というやつなんです。

カルチャー

【音読禁止の詩!】『トミノの地獄』と四方田犬彦

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。

人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。

特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。

そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。

声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

カルチャー

仮面舞踏会って結局なんなのか

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?