カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか? あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。 どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。 「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの? 今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか? 私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。 その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。 今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです 今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。 「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」 そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。 とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。 お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。 しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。 それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。 私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ? もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。 貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。 そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物! って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!? 今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

身近なのに謎の組織「ライオンズクラブ」とは

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

【ライオンズクラブは『社会奉仕団体』です!】

ライオンズクラブとは、世界最大の社会奉仕団体である「ライオンズクラブ国際協会」に所属する各クラブ(支部)のことを言います。

「ライオンズクラブ国際協会」の公式サイトによると、ライオンズクラブの奉仕活動は以下のようなものとのこと。

世界200カ国以上で活動するライオンズは、病院で、老人ホームで、被災地で、学校で、眼鏡リサイクル・センターで、地域のボランティア活動、奉仕、指導、企画、援助に当たっています。私たちは地域に根ざしているので、暮らしている地域の固有のニーズに対応できます。また、私たちは世界的に活動しているので、国境を越えた課題にも対処できます。

引用元:ライオンズクラブ国際協会

より具体的には最も有名なのが視力の保護のための活動、次いで災害援助の活動や、青少年活動の機会を作るなどしています。

筆者の知っている或る支部では、不要になったランドセルを、海外の子どもたちへ贈るという活動をしていました。

大元であるライオンズクラブ国際協会の理念に従いつつ、各支部ごとの判断なさまざまな活動を行っているようですね。

ちなみにライオンズクラブのスローガンは

Liberty,
Intelligence,
Our
Nation's
Safety
(自由を守り、知性を重んじ、われわれの国の安全を図る)

頭文字が「Lions」となっていることがお分かりいただけるでしょう。

【ライオンズクラブ入会のメリット】

ライオンズクラブに入るメリットは、ボランティア活動ができるようになるというそのこと自体、そしてそれによって人脈が広がるという、交友関係の面であると言います。

確かに、

「何か社会奉仕をしてみたいな~」

そう思っても何から始めていいのかわからないような場合には、最初からボランティアの場を提供してくれるこんな団体に入ってしまうのは有効な手立てでしょう。

【どうやったらライオンズクラブに入れるの!?】

ライオンズクラブに入ると、「ライオン」と呼ばれるようになります。

鈴木さんなら「鈴木ライオン」。
佐藤さんなら「佐藤ライオン」、というウソのようなホントの話。

そして会合の折にはライオンらしく「ウォー」と叫ぶらしいですよ。

ではどうしたら、ライオンになれるのでしょうか?

まずは「ライオンズクラブ国際協会」から、あなたの最寄りの地域のライオンズクラブを探しましょう。
そしてクラブに直接連絡し、入会希望の旨を伝えます。そして会費を払うという流れになるかと。

ちなみに会費は15~25万ほど、という情報がありました。
これを高いと見るか安いと見るかはアナタ次第。

というのも、ライオンズクラブには戦後を生き抜いてきたくらい年齢層の方が多いため、そういう年代の貴重な話を聞く機会が得られるという側面もあるから。

ライオンズクラブを「宗教っぽい」なんていう人もいるけれど、同じ理念のもとに活動する団体であれば、自ずとそういった雰囲気が出てしまうのも致し方無いのかもしれませんね。

理念に賛成できて社会奉仕に興味があって、お金にも余裕のあるそこのあなた!
ライオンになってみるのもいいかもしれませんよ。


あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか?
私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。
その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。
今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです
今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。

「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」
そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。

とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。
お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。

しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。

それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。
私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

社会貢献

身近なのに謎の組織「ライオンズクラブ」とは

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

社会貢献

ホームレスだけが販売者になれる雑誌!?『ビッグイシュー』について知りたい!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか?
私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。
その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。
今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです
今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

社会貢献

貧困者だって借りたお金はちゃんと返す!ノーベル平和賞「グラミン銀行」のお話

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。

「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」
そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。

とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。
お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。

しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。

それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。
私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

社会貢献

貯金がしたいなら!本多静六式のススメ。っていうか本多静六って誰?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。