カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。 幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。 しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。 そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。 臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。 これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか? ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。 そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。 どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。 布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。 こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。 でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。 クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ! 今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。 宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。 ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら? 今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。 動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。 このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。 そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか? 今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

精子提供によって起きる問題。今すれ違った可愛い子、あなたの妹かもしれないよ

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

【匿名の提供者からの精子提供はどのような問題を引き起こすのか】

精子バンクによる精子提供も、医療現場での精子提供も、提供者は匿名が原則です。

そのため、子供たちの「自分の父親を探したい」という希望は叶えられません。そしてまた、子供たちに真実を話すかどうかも、親の判断に委ねられています。自分と父親が少しも似ていないことをやや不思議には思いながらも、一生を終える子供もいるでしょう。

しかし、精子提供者を知らないという状況では、いくつかの問題も起こってくることは想像に難くありません。

●体質や遺伝する疾患などについて、予想できない。
・・・「親が色白だから、きょうだいみんな色白」「親が酒豪だから、自分も飲める体質なんだ」こういった話、ごくごく普通にしますよね。
これは私たちが「親の性質は受け継ぐものである」と自然にとらえているからです。
そして、その性質から疾患の傾向もわかるのが普通です。
「我が家ではこの病気にかかる人が多い」「みんなある特定のものにアレルギー反応が出てしまう」などです。親の疾患の傾向を知っていれば、あらかじめ対策を立てることができます。

しかし、精子提供者本人や、その血族の情報がわからないければ、自分の持つ疾患の傾向のうちまるまる半分が不明ということになってしまい、疾患への対策が立てにくくなります。

●同じ精子提供者の精子から生まれた子供と、恋愛関係や婚姻関係を結んでしまうことがある
・・・自分の遺伝子の半分を持っている精子提供者がわからない同士の者が出会い、恋をし、結婚する。
偶然とはいえ、無いとは言い切れない可能性ですよね。つまり、血の上ではきょうだいである者同士が夫婦になってしまうというリスクです。
よく言われるように、血の近いもの同士での婚姻は、その子孫に先天的な異常を引き起こすことが多いと言われています。

上記のような問題を避けるため、精子バンクの多い海外では法規制がされているのが普通です。

ですが、日本ではこのような法規制は全くされていません。

ん? もしかして今、
「日本では精子バンクなんて全く一般的じゃないし、必要ないでしょ」なんて思いました?
それは大きな誤解です。

というのも、日本においても精子提供は意外なほどに一般的なものなのです。
それが精子バンクという形を取っていないだけなのです。
次項から詳しく説明しましょう。

【知ってる?「非配偶者間人工授精(AID)」で生まれる命があるということ】

日本においては、男性不妊(男性の精子に問題があると認められた場合)に、産婦人科での不妊治療の一環として精子提供を受けて出産することができます。

これを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

かつてこの精子提供者の多くは医学生だったと言われていますが、現在では明らかにされていません。

問診で明らかな遺伝性疾患がないこと、実際の検査でエイズなどの感染症がないことを証明されている、30歳以下の健康な男性が精子提供だということです。

日本産科婦人科学会では、97年に上記の内容を記した「『非配偶者間人工授精と精子提供』に関する見解(会告)」を発表しています。また、加えて以下の記載もあります。

●万が一の病気の感染リスクを考慮して、凍結保存遺伝子を用いること。
●同一精子提供者からの出生児は10名以内とすること(先ほど挙げた、偶発的な近親婚を避けるための定めですね)。


とはいえ、これらはあくまで学会の見解・方針にすぎません。

極端なことを言ってしまえば、上記のことに違反しても、罰則はありません。ましてや拘束力もありません。結局のところ、実施する各医療施設に任されているのです。

【AIDに関して実際に起きた裁判】

AIDに関して、すでに問題は起きています。以下は平成10年に実際に起きたトラブルです。

夫を欺き、同意の無いままにAIDで子供を産んだ妻。自分の子なのか疑問視した夫は、妻を訴えます。

この裁判では、「夫の同意の無いままにAIDで生まれた子供は、嫡出子にならない」という判決が出ました。ここからわかるように、AID利用の際の夫婦の同意は、先ほどの学会の見解では、必ず必要としているものの、やはりこの辺りの定めがザルなままに行っていた医療施設は存在しているようなのです。

この裁判をきっかけに法規制の動きがあったものの、その後なぜか棚上げされたままになっているのが現状です。

そして現在はAIDだけではなく、国内の精子バンクも登場しています。

何度も述べている通り、日本には法的な規制がないので、ある施設が学会が示した解釈を守っているかどうかがわかりません。

そしてまた、精子提供にかかる費用も団体によって異なると考えられます。極端な話、いくらの値をつけることだって可能なのです。100円でも100億円でも。

【「君は僕の運命の人に違いない! ところで君のお父さんについて尋ねてもいいかい?」】

2001年、AIDで子供を受けた夫婦を対象に、こんなアンケートが行われました。
「将来、子どもにAIDの事実を伝えようと思っているか」。
夫・妻ともに、回答の80%以上が「伝えない」。

AIDで妊娠した時点で来院しなくなる夫婦は多く、不妊治療をしたこと自体で隠しておきたいといった心情から、AIDで生まれた子供の数は正確に把握できてはいません。

そして、国内の精子バンクも、法的な規制がないままにどんどん一般的なものになってしまうのかもしれません。

ですから、偶発的な近親婚も、私たちが思うよりもきっとずっと身近な問題。
明日出会うかもしれない、「運命の人」、もしあなたのきょうだいだったとしたら……?


参考文献 歌代幸子『精子提供ーー父親を知らない子どもたち』新潮社

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。

動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。

このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。

そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか?

今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。

テクノロジー

(オカルトではない!)臓器移植を受けた人が、提供者の記憶を引き継ぐ「記憶転移」

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

テクノロジー

精子提供によって起きる問題。今すれ違った可愛い子、あなたの妹かもしれないよ

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

テクノロジー

どうして冬眠する動物とそうでない動物がいるんだ?

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

テクノロジー

あなたの知らない合成宝石の話

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

テクノロジー

動物園の役割をほんとに知ってる?絶滅危惧種を守るズーストックってなに?

つい先日、上野動物園のパンダが今季の繁殖を断念し、通常公開に切り替えたというニュースがありましたね。

動物園は動物の公開のみならず、繁殖も行っていることは、今では広く知られた事実。

このような繁殖への取り組みを「ズーストック計画」と呼びます。

そもそも、あなたは動物園の役割が複数あるってご存知でしたか?

今回は動物園のもつ複数の役割と、ズーストック計画について。