カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。 人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。 特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。 そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。 声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。 「これは仮面舞踏会というやつですね!」 そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。 そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。 というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。 それでも気になってしまう仮面舞踏会。 結局なんなの?

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

仮面舞踏会って結局なんなのか

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?

【仮面舞踏会は、イタリアヴェネツィアではじまった!】

仮面舞踏会は15世紀のイタリア、ヴェネツィアが発祥地です。

実はそれ以前にも、宮廷で仮面をつける行事や、パレードはあったよう。
しかし現在イメージする仮面舞踏会、15世紀のルネサンスの気運で中で生まれたものを指します。

上流階級の人々が仮面をつけて踊り、お互いの身分を明かさないままに楽しむ仮面舞踏会は、ヨーロッパ各地で大人気となります。

【仮面とは「私のことは知らないふりをしてくださいね」の記号】

仮面舞踏会は本人が誰だかわかりませんから、無礼講の宴でした。

「いくら仮面を被ったところで、誰が誰だかはわかるでしょ!」
そう思ったあなた、正解です。

仮面舞踏会で被る仮面ごときで、本当に身分が隠せるわけはありません。
だって「この人はきっとあの人に違いない」といった判断材料としては、全身のバランスとか、声や口調などたくさんありますものね。

あなたの家族や親友や恋人が仮面を被ったくらいだったら、簡単に見抜けるでしょう?

このことは、仮面舞踏会で暗殺事件が起きていたことからもよくわかります(ターゲットの正体がわかっていたからこそ、暗殺もできた)。

だから仮面はある意味では
「この仮面をつけている間は、無礼講で、今日の私のことは不問にしてくださいね」
といった記号であったわけです。

ここには「顔」がその人そのものを表す一番重要なものだ、という意識があります。

貴族たちは記号である仮面が意味するところを理解し、無粋にならないように参加者と接したわけですね。

結局のところ、仮面をつけての社交という非日常な体験と、無礼講を理解する粋な雰囲気を味わう、これが仮面舞踏会の醍醐味であったと考えられます。

【無礼講の仮面舞踏会では不倫の恋も生まれやすかった!?】

無礼講で男女が手に手を取って踊る催しもの、ということになればそこには当然、道ならぬ恋が生まれることも多かったわけです。

特に有名なのが、マリー・アントワネット妃とフェルセン伯爵ですね。
2人が出会ったのも、仮面舞踏会の折であったと言われています。

妃というほどの身分となれば、当然直接にお目見えできる人は限られます。
しかし仮面舞踏会は無礼講で、身分も不問。

ですから2人は急接近できたんですね。

仮面舞踏会にのめり込んでいく貴族がいた一方、仮面舞踏会は「風紀の乱れを招く悪しきもの」という意識を持つ人々もいました。

オーストリアのマリア・テレジア女王はその代表でしょう。

それでも18世紀になると、イギリスや北アメリカの植民地などにも仮面舞踏会の流行が起こります。

市民革命以後は、貴族の遊びであった仮面舞踏会も衰退していったと考えられます。

【現代の仮面舞踏会は一般市民のものに――仮面舞踏会はクラブの一種だ】

movie by https://www.youtube.com/

でもよく考えれば、「身分を隠して楽しむ宴」は貴族特権というわけではありませんよね。

現在では、その怪しげな雰囲気を魅力的に思う人々が仮面舞踏会を開いています。
要するに、一般市民の手に渡ったってことですね。

日本では九州にあるテーマパーク、ハウステンボスが仮面舞踏会を開催しました(動画参照。開催期間は2016年4月4日までだったのですでに終了)。

動画をご覧いただけるとわかるのですが、実に現代的なノリの仮面舞踏会です。

これなら私も参加できるかも!?
クラブに行く感じで楽しめちゃいそうですね。

そもそもクラブも一期一会の男女の出会いのある、身分不問の場所。
昔のヨーロッパのクラブが、仮面舞踏会だったというわけかぁ。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。

人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。

特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。

そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。

声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?

カルチャー

占いの科学的根拠はない。しかし「科学的な効果は期待できる」理由とは?

「今日の占いの一位は山羊座のあなた!ラッキーカラーはイエローです!」
なんて毎朝の情報番組でやっていますよね。

占いは科学的根拠がないという意見もありますが、それでも多くの人の心をつかんで離さないのは、実は科学的な理由があるってご存じでしたか?

きっとあなたも聞いたことのある、「プラシーボ効果」というやつなんです。

カルチャー

【音読禁止の詩!】『トミノの地獄』と四方田犬彦

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。

人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。

特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。

そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。

声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

カルチャー

仮面舞踏会って結局なんなのか

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?