カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか? あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。 どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。 「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの? 今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか? 私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。 その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。 今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです 今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。 「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」 そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。 とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。 お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。 しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。 それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。 私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ? もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。 貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。 そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物! って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!? 今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【世界人権宣言をわかりやすく!】人権パスポートってなに?

あなたはパスポートをお持ちですか?

最近は旅券だけではなく、パスポートサイズのノートが売られていることもありますが、今回は知る人ぞ知る「人権パスポート」のお話。

人権とパスポート?
いったいどういう関係なんでしょうか?

実は世界人権宣言と深い関わりのあるものなんです。

【耳にしたことのある「世界人権宣言」。その訳文は・・・わかりにくい!】

「人権パスポート」は聞いたことがなくても、「世界人権宣言」というものは皆さんもきっとご存知でしょう。

世界人権宣言とは1948年に国連で採択された、世界中の人々が持つべき人権についてまとめた宣言です。

すごく簡単に言うと、

「世界中すべての人には人権があり、それは侵害されてはならない。
好きな考え方や、好きな服装、病気なったら治療を受けるなど、『当たり前』の権利を持っている。この『当たり前』を守りましょう!」

といった内容になっています。

国連で採択された、とは言うものの、法的な拘束力は一切ありません。

そして人権パスポートとは、この世界人権宣言をわかりやすい文章でまとめた小冊子です。

というのもですね……百聞は一見にしかずというわけで、世界人権宣言の日本語の訳文を見てみましょう。

人権宣言の全文は外務省の公式ホームページから見ることができますが、その前文の一部の引用です。

人類社会のすべての構成員の固有の尊厳と平等で譲ることのできない権利とを承認することは、世界における自由、正義及び平和の基礎であるので、
人権の無視及び軽侮が、人類の良心を踏みにじった野蛮行為をもたらし、言論及び信仰の自由が受けられ、恐怖及び欠乏のない世界の到来が、一般の人々の最高の願望として宣言されたので、
人間が専制と圧迫とに対する最後の手段として反逆に訴えることがないようにするためには、法の支配によって人権保護することが肝要であるので、
【略】
すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準として、この世界人権宣言を公布する。

引用元:外務省公式サイト 世界人権宣言(仮訳文)

……雰囲気はわかるけど、文章がわかりにくくて仕方がないですよね……。

そこで、谷川俊太郎さんの明快な訳文で世界人権宣言をわかりやすく載せた、パスポートサイズの小冊子が、「人権パスポート」なのです!

どのような雰囲気のものか知りたい方は、下記のリンクから少しだけ中身のPDFが見られますのでご覧になってください。

【人権パスポートを作っているのは、アムネスティ・インターナショナルというNGO】

人権パスポートはアムネスティ・インターナショナルという、1961年にイギリスで発足した世界最大の国際人権NGOが作っているもの。

現在では国を超え、世界で700万人以上が活動に参加しています。
1977年にはその活動が評価され、ノーベル平和賞を受賞しました。

●女性の権利を守る
●子供の権利を守る
●LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の権利を守る
●難民問題の解決

などのために、署名や手紙などの小さな運動――みんながやれば大きな運動!――を行っています。

公式サイトの通販から手に入れることができ(3冊300円、10冊1000円※いずれも内税)、売上は世界中の人権侵害に苦しむ人々のために使われます。東京都千代田区神田にある、アムネスティ日本の事務所でも購入することができます。

日本でもアムネスティの活動に賛同し、人権パスポートを所持している有名人がいます。
人権パスポートのやさしい訳文を書いた谷川俊太郎さんをはじめとして

●桂文珍さん
●いとうせいこうさん
●姜尚中さん
●竹下景子さん
●赤川次郎さん

などなど多数。

ちなみに、人権パスポートにはおトクな特典もあって、アムネスティ指定の映画の料金を200円引きで観ることもできちゃうんです!(もちろん内容は人権に関わるテーマのものが主ですが。)

【最後に】

アムネスティ・インターナショナルは、死刑に反対の意向を真っ向から示していることなどもあり、全体の活動方針を見れば人によっては諸手を挙げて賛成できかねる、ということもあるでしょう。

ただ、人権パスポートに限って言えば、わかりにくい世界人権宣言の文章が、理解しやすく書いてあるというだけでも価値があるかと思います。

人権理解への一歩、そのパスポートとして一冊手に入れてみるのもいいかもしれませんね。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか?
私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。
その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。
今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです
今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。

「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」
そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。

とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。
お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。

しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。

それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。
私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

社会貢献

身近なのに謎の組織「ライオンズクラブ」とは

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

社会貢献

ホームレスだけが販売者になれる雑誌!?『ビッグイシュー』について知りたい!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか?
私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。
その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。
今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです
今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

社会貢献

貧困者だって借りたお金はちゃんと返す!ノーベル平和賞「グラミン銀行」のお話

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。

「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」
そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。

とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。
お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。

しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。

それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。
私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

社会貢献

貯金がしたいなら!本多静六式のススメ。っていうか本多静六って誰?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。