カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

標高8,848m、世界一高い山エベレストに挑み続ける登山家の栗城史多さん。彼の登山は賛否両論がある独特のスタイルだ。まず、ベースキャンプから山頂まで行動を共にするバディー(相棒)を付けず、8,000mを超える高所での使用が一般的である酸素ボンベも持たずに登る。さらに登山の様子を手持ちのビデオカメラで撮り、その様子を現地からネット配信している。(オルタナS特派員=中川 真弓)

知的障がい者向けのスポーツ大会を企画している公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(東京・港)は10月31日、同団体の設立20周年パーティーを開いた。同日、グローバルアンバサダーに就任した中田英寿氏も登壇。中田氏は、「スポーツは素晴しいコミュニケーションツール。サッカー選手としての経験を生かしていきたい」と、スペシャルオリンピックスの認知度向上に向けて意気込みを語った。(オルタナS副編集長=池田 真隆) 同式典に出席した中田氏は、「2010年に開催した南アフリカW杯まで、スペシャルオリンピックスは名前しか知らなかった」と告白。それでも、スペシャルオリンピックス国際本部会長のティモシー・シュライバー氏らと出会い、「スポーツは最良のコミュニケーションツールになる」と改めて思ったという。 さらに、「僕はやっぱり、サッカー選手としての経験を生かしていけたらと思う。自分自身が楽しい経験をしていると思えるのが大事。そんな人を、より多くしたい」と続けた。 当日には、団体設立20周年を祝いに、ティモシー・シュライバー氏も駆けつけた。同氏は、「障がいが原因で、いじめや差別にあっている方々が多くいます。それでも、スポーツを通せば、みなさんの心を開くことが可能です」と挨拶した。 スペシャルオリンピックスとは、知的障がいのある人たちに年間を通じて様々なスポーツトレーニングと競技会を提供している国際的なスポーツ組織。世界170カ国440万人のアスリートが活動に参加し、オリンピック形式の夏季冬季32競技を実施している。 「スペシャルオリンピックス」の名称が複数形なのは、大会に限らず、日常的なスポーツトレーニングから世界大会まで、様々な活動が幅広く行われていることを意味する。 スペシャルオリンピックス日本は国内のスペシャルオリンピックス活動を推進する組織として、1994年11月27日に設立された。7,485人のアスリートが活動に参加し、13,637人のボランティアが活動をサポートしている。11月1日から3日にかけて、福岡でスペシャルオリンピックス日本夏季大会が行われた。2015年夏、ロサンゼルスでスペシャルオリンピックス世界大会が開かれる。

東京ガス用地開発(東京・港)は7月22日、各界の若手有識者が新豊洲エリアの街づくりに対して、スポーツとアートを切り口に意見交換をする「第一回TOYOSU会議」を開催した。識者として登壇したのは、元陸上選手の為末大氏やパラリンピック陸上選手の高桑早生選手ら6人。司会を務めた為末氏は、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけとなる」と話した。(オルタナS副編集長=池田 真隆) 同会議では、ロンドンで開催されたオリンピックやパラリンピックに倣って、2020年の東京オリンピック、そして、新豊洲エリアのスポーツの関係とライフスタイルについて意見が交わされた。司会を務めた、為末氏は、「心のバリアフリーこそが、本物のおもてなし。パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけになる」とコメントした。 高桑選手は、「日本には、障がい者はスポーツをしないという先入観が残っている。まずは競技場に来てほしい。障がい者だから持つマンパワーを見て感じてほしい。勇気を与えられるヒーローになれるようにがんばります」と6年後に向けて抱負を語った。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

為末大、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけに」

東京ガス用地開発(東京・港)は7月22日、各界の若手有識者が新豊洲エリアの街づくりに対して、スポーツとアートを切り口に意見交換をする「第一回TOYOSU会議」を開催した。識者として登壇したのは、元陸上選手の為末大氏やパラリンピック陸上選手の高桑早生選手ら6人。司会を務めた為末氏は、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけとなる」と話した。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同会議では、ロンドンで開催されたオリンピックやパラリンピックに倣って、2020年の東京オリンピック、そして、新豊洲エリアのスポーツの関係とライフスタイルについて意見が交わされた。司会を務めた、為末氏は、「心のバリアフリーこそが、本物のおもてなし。パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけになる」とコメントした。

高桑選手は、「日本には、障がい者はスポーツをしないという先入観が残っている。まずは競技場に来てほしい。障がい者だから持つマンパワーを見て感じてほしい。勇気を与えられるヒーローになれるようにがんばります」と6年後に向けて抱負を語った。

東京ガス用地開発(東京・港)は7月22日、各界の若手有識者が新豊洲エリアの街づくりに対して、スポーツとアートを切り口に意見交換をする「第一回TOYOSU会議」を開催した。識者として登壇したのは、元陸上選手の為末大氏やパラリンピック陸上選手の高桑早生選手ら6人。司会を務めた為末氏は、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけとなる」と話した。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同会議では、ロンドンで開催されたオリンピックやパラリンピックに倣って、2020年の東京オリンピック、そして、新豊洲エリアのスポーツの関係とライフスタイルについて意見が交わされた。司会を務めた、為末氏は、「心のバリアフリーこそが、本物のおもてなし。パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけになる」とコメントした。

高桑選手は、「日本には、障がい者はスポーツをしないという先入観が残っている。まずは競技場に来てほしい。障がい者だから持つマンパワーを見て感じてほしい。勇気を与えられるヒーローになれるようにがんばります」と6年後に向けて抱負を語った。

為末大氏(写真左端)が司会を務め、スポーツとアートをテーマに識者が集まった=22日、がすてなーに ガスの科学館(東京・江東)で

オルタナS副編集長・池田真隆

若者の社会変革活動を応援するウェブメディア「オルタナS」から厳選した記事を転載しています!
オルタナSでは、エコ・エシカル・ソーシャルな情報を日々発信しています。

RECOMMENDおすすめの記事

標高8,848m、世界一高い山エベレストに挑み続ける登山家の栗城史多さん。彼の登山は賛否両論がある独特のスタイルだ。まず、ベースキャンプから山頂まで行動を共にするバディー(相棒)を付けず、8,000mを超える高所での使用が一般的である酸素ボンベも持たずに登る。さらに登山の様子を手持ちのビデオカメラで撮り、その様子を現地からネット配信している。(オルタナS特派員=中川 真弓)

知的障がい者向けのスポーツ大会を企画している公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(東京・港)は10月31日、同団体の設立20周年パーティーを開いた。同日、グローバルアンバサダーに就任した中田英寿氏も登壇。中田氏は、「スポーツは素晴しいコミュニケーションツール。サッカー選手としての経験を生かしていきたい」と、スペシャルオリンピックスの認知度向上に向けて意気込みを語った。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同式典に出席した中田氏は、「2010年に開催した南アフリカW杯まで、スペシャルオリンピックスは名前しか知らなかった」と告白。それでも、スペシャルオリンピックス国際本部会長のティモシー・シュライバー氏らと出会い、「スポーツは最良のコミュニケーションツールになる」と改めて思ったという。

さらに、「僕はやっぱり、サッカー選手としての経験を生かしていけたらと思う。自分自身が楽しい経験をしていると思えるのが大事。そんな人を、より多くしたい」と続けた。

当日には、団体設立20周年を祝いに、ティモシー・シュライバー氏も駆けつけた。同氏は、「障がいが原因で、いじめや差別にあっている方々が多くいます。それでも、スポーツを通せば、みなさんの心を開くことが可能です」と挨拶した。

スペシャルオリンピックスとは、知的障がいのある人たちに年間を通じて様々なスポーツトレーニングと競技会を提供している国際的なスポーツ組織。世界170カ国440万人のアスリートが活動に参加し、オリンピック形式の夏季冬季32競技を実施している。

「スペシャルオリンピックス」の名称が複数形なのは、大会に限らず、日常的なスポーツトレーニングから世界大会まで、様々な活動が幅広く行われていることを意味する。

スペシャルオリンピックス日本は国内のスペシャルオリンピックス活動を推進する組織として、1994年11月27日に設立された。7,485人のアスリートが活動に参加し、13,637人のボランティアが活動をサポートしている。11月1日から3日にかけて、福岡でスペシャルオリンピックス日本夏季大会が行われた。2015年夏、ロサンゼルスでスペシャルオリンピックス世界大会が開かれる。

東京ガス用地開発(東京・港)は7月22日、各界の若手有識者が新豊洲エリアの街づくりに対して、スポーツとアートを切り口に意見交換をする「第一回TOYOSU会議」を開催した。識者として登壇したのは、元陸上選手の為末大氏やパラリンピック陸上選手の高桑早生選手ら6人。司会を務めた為末氏は、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけとなる」と話した。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同会議では、ロンドンで開催されたオリンピックやパラリンピックに倣って、2020年の東京オリンピック、そして、新豊洲エリアのスポーツの関係とライフスタイルについて意見が交わされた。司会を務めた、為末氏は、「心のバリアフリーこそが、本物のおもてなし。パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけになる」とコメントした。

高桑選手は、「日本には、障がい者はスポーツをしないという先入観が残っている。まずは競技場に来てほしい。障がい者だから持つマンパワーを見て感じてほしい。勇気を与えられるヒーローになれるようにがんばります」と6年後に向けて抱負を語った。

スポーツ

初心者も楽しめて奥が深い!オリンピック競技の有力候補「スカッシュ」の魅力とは?

もうすぐスポーツの秋。夏は運動などする気も起きなかった人も、そろそろ体を動かそうかな、と考えているかもしれません。

そんな方にはスカッシュをお勧めします。
スカッシュをひと言でいうと、「テニス+ビリヤード」。

初心者でも十分楽しめて、上級者も飽きさせない。休日のリフレッシュには最適のスポーツです。

スポーツ

「登山家の仕事は起業家と似ている」――栗城史多

標高8,848m、世界一高い山エベレストに挑み続ける登山家の栗城史多さん。彼の登山は賛否両論がある独特のスタイルだ。まず、ベースキャンプから山頂まで行動を共にするバディー(相棒)を付けず、8,000mを超える高所での使用が一般的である酸素ボンベも持たずに登る。さらに登山の様子を手持ちのビデオカメラで撮り、その様子を現地からネット配信している。(オルタナS特派員=中川 真弓)

スポーツ

中田英寿氏、スペシャルオリンピックス大使に

知的障がい者向けのスポーツ大会を企画している公益財団法人スペシャルオリンピックス日本(東京・港)は10月31日、同団体の設立20周年パーティーを開いた。同日、グローバルアンバサダーに就任した中田英寿氏も登壇。中田氏は、「スポーツは素晴しいコミュニケーションツール。サッカー選手としての経験を生かしていきたい」と、スペシャルオリンピックスの認知度向上に向けて意気込みを語った。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同式典に出席した中田氏は、「2010年に開催した南アフリカW杯まで、スペシャルオリンピックスは名前しか知らなかった」と告白。それでも、スペシャルオリンピックス国際本部会長のティモシー・シュライバー氏らと出会い、「スポーツは最良のコミュニケーションツールになる」と改めて思ったという。

さらに、「僕はやっぱり、サッカー選手としての経験を生かしていけたらと思う。自分自身が楽しい経験をしていると思えるのが大事。そんな人を、より多くしたい」と続けた。

当日には、団体設立20周年を祝いに、ティモシー・シュライバー氏も駆けつけた。同氏は、「障がいが原因で、いじめや差別にあっている方々が多くいます。それでも、スポーツを通せば、みなさんの心を開くことが可能です」と挨拶した。

スペシャルオリンピックスとは、知的障がいのある人たちに年間を通じて様々なスポーツトレーニングと競技会を提供している国際的なスポーツ組織。世界170カ国440万人のアスリートが活動に参加し、オリンピック形式の夏季冬季32競技を実施している。

「スペシャルオリンピックス」の名称が複数形なのは、大会に限らず、日常的なスポーツトレーニングから世界大会まで、様々な活動が幅広く行われていることを意味する。

スペシャルオリンピックス日本は国内のスペシャルオリンピックス活動を推進する組織として、1994年11月27日に設立された。7,485人のアスリートが活動に参加し、13,637人のボランティアが活動をサポートしている。11月1日から3日にかけて、福岡でスペシャルオリンピックス日本夏季大会が行われた。2015年夏、ロサンゼルスでスペシャルオリンピックス世界大会が開かれる。

スポーツ

為末大、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけに」

東京ガス用地開発(東京・港)は7月22日、各界の若手有識者が新豊洲エリアの街づくりに対して、スポーツとアートを切り口に意見交換をする「第一回TOYOSU会議」を開催した。識者として登壇したのは、元陸上選手の為末大氏やパラリンピック陸上選手の高桑早生選手ら6人。司会を務めた為末氏は、「パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけとなる」と話した。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

同会議では、ロンドンで開催されたオリンピックやパラリンピックに倣って、2020年の東京オリンピック、そして、新豊洲エリアのスポーツの関係とライフスタイルについて意見が交わされた。司会を務めた、為末氏は、「心のバリアフリーこそが、本物のおもてなし。パラリンピックがおもてなしの心を育む大きなきっかけになる」とコメントした。

高桑選手は、「日本には、障がい者はスポーツをしないという先入観が残っている。まずは競技場に来てほしい。障がい者だから持つマンパワーを見て感じてほしい。勇気を与えられるヒーローになれるようにがんばります」と6年後に向けて抱負を語った。