カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。 幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。 しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。 そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。 臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。 これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか? ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。 そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。 どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。 布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。 こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。 でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。 クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ! 今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

お釈迦さまが盗人にチャンスを与えるという内容の、芥川龍之介の物語「蜘蛛(くも)の糸」。 正義のヒーロー「スパイダーマン」。 「朝の蜘蛛は福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る」なんていう、まことしやかな迷信。 どうやら蜘蛛という存在は、どこか神聖なイメージを持っている虫のようです。 この蜘蛛の糸、実はその特性ゆえに、医療現場をはじめとしたさまざまな分野で活かせるのではないかという研究や、実用化が進んでいます。 今回は、実はすごい蜘蛛の糸の話。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。 宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。 ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら? 今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

医療から服まで。蜘蛛の糸が本当にすごい!

お釈迦さまが盗人にチャンスを与えるという内容の、芥川龍之介の物語「蜘蛛(くも)の糸」。
正義のヒーロー「スパイダーマン」。
「朝の蜘蛛は福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る」なんていう、まことしやかな迷信。

どうやら蜘蛛という存在は、どこか神聖なイメージを持っている虫のようです。
この蜘蛛の糸、実はその特性ゆえに、医療現場をはじめとしたさまざまな分野で活かせるのではないかという研究や、実用化が進んでいます。

今回は、実はすごい蜘蛛の糸の話。

【蜘蛛の糸は医療現場でどう活かされているのか?】

皆さんも一度は蜘蛛が糸を垂らすのを、ご覧になったことがあるかと思います。
天井からツツツーーーと、細い糸を落として降りてくる蜘蛛。

あの糸の強度は、なんと鉄鋼の4倍!
そして、ナイロンを上回る伸縮性に、耐熱性は300度を超えると言われています。

蜘蛛の糸は、2つのタンパク質からできています。
それが「セリシン」と「フィブロイン」。

●セリシンには細胞分裂を促進したりする作用
●フィブロインには細菌の数を制限する制菌作用

各々、以上のような特徴を持っているので、これが医療に活かせるのではないかと期待されているのです。タンパク質ですから、私達人間の体とよく馴染み、手術用の縫合糸としてはすでに実用化されているんですよ。

もちろん、「実用化されている」とは言っても、実際の蜘蛛の力を借りて作った糸ではなく、それをお手本にして作った人工糸ですから、虫嫌いさんもご安心を!

これをもっともっと精度高く、細くすることができれば、繊細な人工血管づくりなどに応用することができるはずなんです。

【医療現場だけじゃない! 車の部品や服の素材としても活かされる蜘蛛の糸】

かつて蜘蛛の糸は、大量生産が難しいものでした。
しかし現在では事情が変わってきています。

慶応大学発ベンチャーの「スパイバー」(山形県鶴岡市)は、蜘蛛の糸を大量生産することに成功しました。そしてその糸をさまざまな分野に役立てようとしています。

先にも触れたように、蜘蛛の糸は丈夫で伸縮性も、耐熱性もある三拍子そろった素材です。
ですから、車の部品の材料としてや、服の素材としても活用ができるんです!

壊れにくい部品に、破れないドレス……これが本当に現実化していっている今。

最近(2015年10月)では、アウトドア・スポーツ用アパレルブランドである「ノースフェイス」がスパイバーと手に手を取って、蜘蛛の糸で作られたパーカーを発表しました。

これはまだ試作品なので、一般で市販されているわけではありませんが、ノースフェイス側は「今回が実用化に向けた第一歩」としており、これから商品化される可能性は大。

【蜘蛛の糸、それは石油に依存しない最強の繊維!】

「今まで通りの素材で使えるのなら、別に今のままでもいいじゃない。いくら人工糸とは言え、蜘蛛の糸で作った服って気持ち悪いよ!」
なんて意見の人もいるかもしれませんね。

でも、蜘蛛の糸と、ナイロンなどの化学繊維は大きく違います。
何と言っても原材料の問題。
化学繊維は石油由来のため、石油の枯渇の心配が常にある現状では、使用に不安があり、エコではない。

でも、それがタンパク質を使った蜘蛛の糸であれば、一気に心配の解決!
特に、化石資源の乏しい日本では、この恩恵は非常に大きいと言えるでしょう。

むしろ蜘蛛の糸を大量生産できる技術の先駆けとなれば、バイオ素材の一部門で、世界をリードする存在にすらなるかもしれません。

【最後に】

いかがでしたか。
どうやら蜘蛛の糸は、未来の私たちを助ける心強い存在のよう。
夜の蜘蛛を見かけても、逃がしてあげることとしましょう。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

お釈迦さまが盗人にチャンスを与えるという内容の、芥川龍之介の物語「蜘蛛(くも)の糸」。
正義のヒーロー「スパイダーマン」。
「朝の蜘蛛は福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る」なんていう、まことしやかな迷信。

どうやら蜘蛛という存在は、どこか神聖なイメージを持っている虫のようです。
この蜘蛛の糸、実はその特性ゆえに、医療現場をはじめとしたさまざまな分野で活かせるのではないかという研究や、実用化が進んでいます。

今回は、実はすごい蜘蛛の糸の話。

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。

テクノロジー

(オカルトではない!)臓器移植を受けた人が、提供者の記憶を引き継ぐ「記憶転移」

子供の頃の性格と今の性格が違うという人、いませんか。

幼い頃引っ込み思案だった人が、長じるにつれて社交的になるなど、性格のゆるやかな変化はよくあることです。

しかし、もしも明確なきっかけで、あなたの性格が変わることがあったらどうしましょう。

そのきっかけの一つとして、臓器移植が挙げられます。
臓器を移植された側は、臓器の持ち主の性格にしまう似てことがあるとか……。

これを「記憶転移」と呼んでいるのです。

テクノロジー

精子提供によって起きる問題。今すれ違った可愛い子、あなたの妹かもしれないよ

「精子バンクなんて、まるでSFの世界」そう思っていませんか?

ですが、世界中に精子バンクは存在しています。もちろんこの日本にも。

そして、精子バンクが日本で生まれるずっと前から、「精子提供」は行われてきたこと、ご存じでしたか? それを「非配偶者間人工授精(AID)」と言います。

どこにいるもわからない人物から精子提供を受けることで、どのような問題が起きるのか見ていきましょう。

テクノロジー

どうして冬眠する動物とそうでない動物がいるんだ?

寒くて布団から起きられない季節ですね。
布団から起きて、ストーブを付けるという作業までが果てしなく長い道のりと思える今日このごろです。

こんな時には冬眠でもして、春まで寝て過ごしたいですね。そう、クマみたいに……。

でも、そういえばどうして人間って冬眠できないんでしょう。
クマとかヘビばかり寝ててずるいぞ!

今回はそのあたりの秘密に迫りたいと思います。

テクノロジー

医療から服まで。蜘蛛の糸が本当にすごい!

お釈迦さまが盗人にチャンスを与えるという内容の、芥川龍之介の物語「蜘蛛(くも)の糸」。
正義のヒーロー「スパイダーマン」。
「朝の蜘蛛は福が来る。夜の蜘蛛は盗人が来る」なんていう、まことしやかな迷信。

どうやら蜘蛛という存在は、どこか神聖なイメージを持っている虫のようです。
この蜘蛛の糸、実はその特性ゆえに、医療現場をはじめとしたさまざまな分野で活かせるのではないかという研究や、実用化が進んでいます。

今回は、実はすごい蜘蛛の糸の話。

テクノロジー

あなたの知らない合成宝石の話

きらきらの光物、特に宝石の類いには目がない筆者です。
宝石の魅力ってもちろん希少性もあるのでしょうが、結局のところ「めっちゃキレイ!」だから昔から崇められきたんだと思います。だってダイヤモンドもキレイだけど、たくさん採掘される宝石もキレイですものね。
ではもし宝石を、人の手で自由に作り出し、採掘する必要がなくなったら?
今回はそれを実現してしまっている、「合成宝石」の話。