カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか? あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。 どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。 「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの? 今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか? 私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。 その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。 今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです 今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。 「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」 そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。 とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。 お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。 しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。 それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。 私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ? もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。 貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。 そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物! って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!? 今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

貯金がしたいなら!本多静六式のススメ。っていうか本多静六って誰?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

【本多静六ってどんな人?】

本多静六は、日本で初めての林学博士であり、「公園の父」とも言われる人です。
日比谷公園や明治神宮などの、日本各地の公園を設計に携わります(むしろ、日本の有名所の公園では、彼が関わっていない公園の方が少ないと言える)。

また、政府からの依頼で、関東大震災で荒れ果てた東京の復興の原案を描いたのも他ならぬ静六でした。

自らの母校であった東京大学農学部教授となった本多静六ですが、典型的な何不自由のない金持ちの息子というわけではありませんでした。

もともとは裕福な名家の生まれではありましたが、9歳の頃に父親を亡くし、家は借金まみれとなり大きく傾きます。

それでも向学心を持っていた静六は、上京して住み込みの書生となり、農業が忙しい時期には実家に戻り、そちらで働くという実に多忙な日々を過ごします。

この若き日の苦労から、静六は「勤倹貯蓄」――仕事に励み、お金を貯める――を処世訓とすることとなりました。
そして彼は、林学博士で多くの実績を残した一方、投資家としても名を残すこととなったのです。

【本田式貯金法――収入の4分の1を先取り貯金する!】

静六は自身の貯金法を、その著書、『幸福への道』の中で以下のように実に具体的に語っています。

「あらゆる通常収入は入った時に天引きにその四分の一を貯金するほか、さらに臨時収入全部を貯金して通常収入増加の基となす方法(貯金=通常収入の天引き四分の一+臨時収入全部)であります。(※現代仮名遣いに改めてあります)」

先取りで4分の1貯金&臨時収入はすべて貯金、たったこれだけ!
そのあとにこうも書いています。

「世には、まず倹約に暮らしてみて、残ったら貯金しようという人もあるが、かような手ぬるい明日主義では到底ダメであります。」


【「本田式貯金」は金利による収入を重視したものだったが……】

この「本多式貯金法」の書かれた見出しには、『必ず貯まる本田式貯金』とあり、静六の自信の程が伺えます。

静六はこの貯金から生まれる利子を、大きな収入になるものとして重視していました。

『幸福への道』が著された昭和15年の6年後の、昭和21年の普通預貯金の金利の利率は1.83%。その後高度経済成長期を迎えると、さらに増。

対して現在の利率は0.02%と、大きく異なります。

そのため、現在ではこれを収入のあてとして頼ることはできないでしょう。
しかし、「貯金をする」という目で見れば、本田式貯金は実に有効な手立て。

その後にそのお金をリスク低く定期預金にしておくことも、投資に回すとも可能ですから、「お金が貯まらない!」という人はぜひ実行してみてくださいね!

【最後に】

長い目で先取り貯金をするという本田式貯金は、お金の長期運用を説いているものでもあります。

静六は林学博士で、公園設計のプロ。

植物という生き物を相手にして公園を設計する視点と、この運用方法は相通じるものがあるでしょう。

ちなみに、本多静六はこの貯金で運用して得た資産(数百億とも言われる)を、後年全て公共事業のために寄付しています。

2013年、彼の生誕地にほど近い埼玉県久喜市に、本多静六記念館が開館しました。
優秀な学者であり、篤志家でもあった彼が、平成の世に見直されている証拠かもしれませんね。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

tout soleil銀座店

電話で予約03-3571-1010

RECOMMENDおすすめの記事

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか?
私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。
その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。
今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです
今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。

「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」
そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。

とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。
お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。

しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。

それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。
私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。

社会貢献

身近なのに謎の組織「ライオンズクラブ」とは

JR新宿駅の東口に「ライオン広場」と呼ばれる場所があるのをご存知でしょうか?

あまり知名度がないのですが、しっかりとしたライオンの像が建っているんですね。

どうやら、「新宿ライオンズクラブ」なる団体がこの像を作ったらしいのです。

「ライオンズクラブ」……なんだか聞いたことがあるけど、どんな組織なの?
今回は身近なようで全然知らない、この謎の組織に迫ってみました!

社会貢献

ホームレスだけが販売者になれる雑誌!?『ビッグイシュー』について知りたい!

ホームレスの方が、道端でなにか雑誌を売っているのを見かけたことがありませんか?
私がその光景を初めて目にしたのは、確か大学生の頃だったと思います。
その雑誌はとても綺麗な刊行物で(表紙を飾っているのは有名なハリウッド俳優でした)、なんでホームレスのおじさんがそれを売っているのかさっぱりわからない。なんだか胡散臭いような感じもし、足早に通りすぎてしまったのです。
今にして思えば、あのホームレスのおじさんが売っていたのは『ビッグイシュー』という雑誌だったのです
今回は、ホームレスの人”だけ”売り子になれるという、『ビッグイシュー』についてお話しましょう。

社会貢献

貧困者だって借りたお金はちゃんと返す!ノーベル平和賞「グラミン銀行」のお話

「格差社会」「子どもの貧困」「貧困女子」などといった言葉、日本でもずいぶんと聞き慣れた言葉となりました。

「あまりに貧しくて困っている……お金さえあれば! 誰か貸してくれないかな……」
そのように苦しむ人々は思いのほかすぐ近く、あなたのすぐ隣にもいるのかもしれません。

とは言え、貧困者にお金を貸すことは、非常にリスクが高いとみんな思っています。
お金がない人にお金を貸しても、返ってくる可能性はとても低いと考えるのは当然です。

しかし、担保になるものもない貧困者にお金を貸すという、それまでのタブーに挑戦した銀行があります。

それがバングラデシュの「グラミン銀行」なのです。
私たちのよく知るあの企業とも何か関係があるらしい!?

社会貢献

貯金がしたいなら!本多静六式のススメ。っていうか本多静六って誰?

あなたは貯金が得意なタイプ? それとも不得意な散財タイプ?
もしも後者だとしても、「貯金なんて嫌い・したくない」という人はいないはず。

貯金が苦手な人も、ある心がけをしていれば、お金を貯めることのできる「貯金体質」に変身することができます。
そして、そのヒントを教えてくれるのが、「本多静六(ほんだせいろく)」という人物!

って誰だよ! 日本史の教科書にいたっけ!?

今回は本多静六という人物から、彼が教えてくれる貯金をコツまでをご紹介。