カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。 ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。 友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。 「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」 「将来の夢はAKB48に入ること!」 なんて。 日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。 でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。 今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、 「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。 まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。 これは精子バンクの話。 日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。 でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。 今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。 グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね! 日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。 トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。 トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。 では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に 同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。 東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。 同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても 渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。 ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。 有名な国ではイランやサウジアラビアです。 これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。 かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。 昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。 子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。 現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。 「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」 と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【3月30日はマフィアの日!】シチリア島の犯罪集団Mafiaとは?

1972年の公開の『ゴッドファーザー』という映画は今でも人気がありますね。

この映画は、イタリア系アメリカ人のマフィアである、コルレオーネ家の愛と悲劇とを描いた作品です(まだ観てない人はぜひご覧になってね!)。

さて、この映画で表現されているような「マフィア」。
彼らって一体何者なんでしょうか?

そして3月30日は「マフィアの日」って言われているけど、なぜ?

【暴力団の代名詞「マフィア」。狭義ではシチリアの犯罪集団】

「マフィア(Mafia)」と言うと「要は暴力団ということだよね?」という人がいますが、これは半分正解で半分不正解です。

マフィアとはイタリアシチリア島にルーツのある犯罪集団(ファミリー)のことを指します。
が、「マフィア」という言葉があまりにも有名になりすぎたために、

マフィア=犯罪集団、暴力団

というイメージが定着し、「チャイニーズマフィア」などといった「○○マフィア」という使われ方がなされるようになりました。

ただし繰り返しますが、あくまでも狭義においてはマフィアとはシチリア島ルーツの犯罪集団のことです。そこで今回の記事ではこちらの意味でマフィアという言葉を使っていきます。

【シチリア島は支配者がころころ変わる土地柄。必要悪として求められたマフィア】

洋の東西を問わず、武力・暴力によって何かしらのシステムを維持する例は山ほどあります。それはかつてのシチリア島でも同様。

マフィアの起源は中世の農地管理人まで遡ります。
農地管理人は山賊などから農地を守るため、武装をしていました。

ここから農地管理人が農地の行政権を握るようになり、役人と結びついて権力を持っていきます。彼らがのちにマフィアと呼ばれるように。

シチリア島は今でこそイタリアの一部ということにはなっていますが、その歴史は独特で、さまざまな民族からの支配を何度も何度も受けてきました(ギリシア支配、カルタゴ支配、ローマの属州、ゲルマン人の支配、スペイン領、イタリア国などなどなど!)

このような歴史上の背景から、住民は政府や支配者に不信感を抱いていました。
そこでころころ変わる支配者の言いつけを守るよりも、「自分たちの身は自分たちで守る!」という精神が育ちます。

これがマフィアの存在を必要悪として許すことになるのですね。

マフィアがその知名度をあげるのは、イタリア人の多くがアメリカ大陸に移住してからです。後発移民であったイタリア系アメリカ人は、相互に協力することでアメリカでの居場所を確保していたんですね。

【のちのマフィアの日である3月30日に起きた「シチリアの晩鐘事件」とは?】

さて、なぜ3月30日がマフィアの日なのでしょうか?

1282年3月30日、当時フランスの支配下にあったシチリアで、「シチリアの晩鐘事件」が起こります。フランスのアンジュー家のシャルルの家来たちが、地元の女性にちょっかいを出したことで小競り合いが起こりました。

これをきっかけとして、住民たちのフランス支配へのストレスが爆発し、「フランス人に死を!」と叫びを上げ、シチリア在住のフランス人に襲いかかりました。

Morte
alla
Francia
Italia
anela

(訳「全てのフランス人に死を! これはイタリアの叫び」※最初の1文字を取ると「Mafia」となります)

暴動の際にちょうど夕べのミサの鐘が響いたことから、「シチリアの晩鐘事件」と言われます。この「シチリアの晩鐘事件」はイタリア人のフランス支配への反発と、ナショナリズムの表れとして歴史に残りました。

そして今日までも劇や文学作品のモチーフとして親しまれています。

【「シチリアの晩鐘事件」は部分的に創作っぽい?】

が、先ほどのエピソードにはちょっと不自然で、創作だと思える部分もあります。

そもそも歴史的な背景から考えて、シチリアの住民は、イタリア人としてのアイデンティティではなく、シチリア人としてのアイデンティティのほうが強そうです。
それなのに、「これはイタリアの叫び」という合言葉は、ややずれた印象があるということ。

また、あくまでもシチリア住民とフランス人の暴動であった「シチリアの晩鐘事件」が、犯罪集団であるマフィアとダイレクトに結びついてしまっていること。

これらは、エピソードと「マフィアの日」と言われていることそのものが、「マフィア」という知名度のある名を借りて、イタリア人のナショナリズムの礼賛のためにあるからと言えそうですね。

「Mafia」という言葉の語源は諸説あり、アラビア語の「空威張り」からきているという説も。ただ、「Mafia」は「美しさ・優美・勇敢な人」などといった肯定的な意味で使われていますから、それを踏まえての「マフィアの日」という名付けなのかもしれません。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。

社会

幼い少女への強制労働・性的虐待……ネパールの「カムラリ」を知っていますか?

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

社会

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

社会

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

社会

同性愛で死刑になる?重すぎる刑の理由とは

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

社会

大注目の銀行の貸金庫!入れていいもの。悪いもの。

孤児だと思っていたヒロインが、発見された亡き資産家の父親の遺言に従い、銀行の貸金庫の中の財産を相続する――その貸金庫には株券や有価証券がザクザク。
昔読んだ少女漫画でそんな話がありました。

子供だった私はその時の印象が根強く、今に至るまで「銀行の貸金庫=株券や有価証券がザクザク」というイメージを持っていました。

現在、この貸金庫の人気が高まってきているとか。
「みんなそんなに株券や有価証券をザクザク持ってるの?」
と思ってしまったのですが、どうやらちょっと違うみたい。