カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。 人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。 特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。 そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。 声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。 「これは仮面舞踏会というやつですね!」 そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。 そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。 というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。 それでも気になってしまう仮面舞踏会。 結局なんなの?

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【大切な人に本と薔薇を】4月23日はサン・ジョルディの日です

「大切な人に○○を贈ろう」のようなイベント、日本ではバレンタインデーが一番知られていると思いますが、実は4月23日もそういった日だってご存知ですか。

4月23日は、大切な人に本や薔薇を贈る「サン・ジョルディの日」。

なんでサン・ジョルディの日には本や薔薇を贈るんでしょう?
実は世界的に超有名なあの文豪二人とも、かなり深い関係があったんです!?

バレンタインデーをすっかり忘れていたあなたも、告白の勇気が出なかったあなたも、ぜひお読みくださいね。

【聖人サン・ジョルディのドラゴン退治の伝承】

サンジョルディの日とは、元はスペインカタルーニャ地方の聖名祝日(せいめいしゅくじつ)」です。

キリスト教の守護聖人である聖ゲオルギオス(カタルーニャ語でサン・ジョルディ)が亡くなったと言われるのが、4月23日でした。

キリスト教の信者でも無ければ、さまざまな宗教が混在し、八百万神が住む日本では「キリスト教の守護聖人」「聖名祝日(せいめいしゅくじつ)」と言われてもあまりピンとこないかもしれません。

たとえば日本でもイベントとなっている2月14日のバレンタインデーは、聖ウァレンティヌス聖名祝日で、ヨーロッパ圏においては聖名祝日は重要な扱いを受けています。ちなみに聖名祝日の多くは聖人の命日が当てられることが多いんですよ。

騎士であったサン・ジョルディは、囚われた王女をドラゴンから救い出したという、まるでドラ○エのような伝承の残る人物です(というか多分ド○クエ側が借用したのだと思いますが)。

サン・ジョルディがドラゴンに剣を刺し、そこから地面へと流れ出した血からやがて赤く美しい薔薇が咲いたということで、その勇ましい聖人は薔薇のイメージとともに今もカタルーニャ地方で愛されています。

【サン・ジョルディの日はセバンテスとシェイクスピアの命日でもある それに目をつけた書店は……】

赤い薔薇とサン・ジョルディ。

このイメージからサン・ジョルディの聖名祝日が、赤い薔薇を贈り合う日になったのは必然だったかもしれません。

サン・ジョルディの日には大切な人に薔薇を贈る習慣が根付いたのですが――はて、ではなぜいつの間に本を贈る日になったのでしょう?

実はサン・ジョルディの日である1616年4月23日は、『ドンキホーテ』を世に出したことで知られるスペインの文豪セバンテスの命日であったのです。

また、こちらはイギリス人ではありますが、『ハムレット』などの劇作家として超有名なシェイクスピアも1616年4月23日と、同じ日に亡くなっているのです(ただ厳密に言えば、当時スペインとイギリスでは異なった暦を使っていたので、完全に同じ日だったわけではありません。かたいことは言わないで……)。

これに目をつけたカタルーニャの書店が「サン・ジョルディの日には本を」というキャンペーンを開始。

これが1923年のことで、もともと出版社が多かったという土地柄もあり、多くの人々に受け入れられるようになりました。

現在では男性は女性に花を、女性が男性に本を贈るのが一般的になっているんですね。
それ以外にもサン・ジョルディの日の当日には、何かと文学関係のイベントが開催されているようです。

【日本でのサン・ジョルディの日の認知度は?――大切な人に本や薔薇を贈ろう】

サン・ジョルディの日を日本に紹介し、広めようとしたのは日本書店組合連合会と日本カタルーニャ友好親善協会で、1986年からほそぼそとプロモーションを行っています。

1996年には国連が「世界本の日」とし、国連の国際デーとして定め、日本においても「子ども読書の日」となっているので、その頃からわりと知られた存在にはなってきています。

そういった意味では、現在の小中高生の方がサン・ジョルディの日を知っているかも。

が、多くの大人にとっては「サン・ジョルディの日? なにそれ?」と思っている感が否めません。

23日にはあなたも大切な人――家族や恋人や子ども――に本や薔薇の花を贈り、「サン・ジョルディの日だからプレゼント」なんてしたり顔してみては?

バレンタインデーにできなかったことを、サン・ジョルディの日にしてもいいですね。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。
ライティングのご依頼はこちらまで:akiramizushima653★gmail.com(★→@)

RECOMMENDおすすめの記事

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。

人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。

特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。

そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。

声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?

カルチャー

占いの科学的根拠はない。しかし「科学的な効果は期待できる」理由とは?

「今日の占いの一位は山羊座のあなた!ラッキーカラーはイエローです!」
なんて毎朝の情報番組でやっていますよね。

占いは科学的根拠がないという意見もありますが、それでも多くの人の心をつかんで離さないのは、実は科学的な理由があるってご存じでしたか?

きっとあなたも聞いたことのある、「プラシーボ効果」というやつなんです。

カルチャー

【音読禁止の詩!】『トミノの地獄』と四方田犬彦

世界中に本当によくある、「怖い話」「不思議な話」、あるいは「都市伝説」なんて呼ばれるもの。

人間はその好奇心から、そのような物語を好んで知りたがるものです。

特に近年ではインターネットの発達によって、いくらでもその手の話を知ることができるようになりました。

そのような物語の一つに、「この詩を朗読したら凶事が起こる」と言われているエピソードがあります。

声に出して読んだ者に不幸が訪れると言われるその詩は、西条八十の「トミノの地獄」。

カルチャー

仮面舞踏会って結局なんなのか

前にテレビをつけたら、きらびやかな仮面をした人々が飲めや歌えやの宴を繰り広げている映像が流れていたんです。

「これは仮面舞踏会というやつですね!」

そう思ったものの、もちろん参加したこともないし、実際どんなものだかもわからない。

そしてどうやら今後の人生でも参加できるチャンスは、どうやらありそうにない。
というか、もし仮にチャンスがあたっとしても、怪しい感じもするし、結局私は参加に二の足を踏みそうです。

それでも気になってしまう仮面舞踏会。
結局なんなの?