カタチのない感動を 形ある価値に変えるドネーションサービス

CATEGORYカテゴリー

RANKING記事ランキング

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。 ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。 友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。 「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」 「将来の夢はAKB48に入ること!」 なんて。 日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。 でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。 今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、 「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。 まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。 これは精子バンクの話。 日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。 でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。 今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に 同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。 LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。 東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。 同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても 渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。 ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。 有名な国ではイランやサウジアラビアです。 これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。 かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。 グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね! 日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。 トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。 トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。 では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったもので、お金のもつパワーには圧倒されることがあります。 「お金なんていらない。愛さえあればいい」 そう言いたいところだけど、現実にはお金がないと家賃も公共料金も払えない……食べてはいけないのですから。 お金を得るにはそれに見合った労働が必要なのは、皆さんもご存知の通り。 でももしも働かなくても、何もしなくても毎月一定のお金が得られるとしたら? それが「ベーシックインカム」と呼ばれる制度です。 今回は、ベーシックインカムのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

DONATION LIST寄付先一覧

調査報道NPO アイ・アジア

今の混沌とした世の中にこそ、闇を照らして真相に迫る報道機関の存在が重要だと考え、調査報道のための非営利団体「アイ・アジア」を設立しました。志を同じくする世界のジャーナリスト、研究者、市民と連携して取材・調査を行い、一条の光となって、市民社会にとって有益な情報を発信していきます。また、取材によって得た情報を開示することにも努め、他のメディアがそれを利用できるような環境の整備にも取り組みます。

SHOP LISTショップ一覧

【もりそばとざるそばから社長とCEOまで】似ているあれらの違いのアレコレ

私、結構爬虫類とか両生類が好きなんです。

でもその割には「イモリ」「ヤモリ」「トカゲ」の違いがパッと見わかんないこともあるっていう……(それって大して好きじゃねーよ! というツッコミはさておき)。

世の中には似ているようで実は違うものが数多くあると思います。
大人だからなんとなくわかった顔しているけど、ちゃんと説明しろって言われるときついかも……。

今回はそんな「似ているようで実は違うものたち」についてまとめてみました。

【「もりそば」と「ざるそば」――その差は海苔の有無にあらず】

関東地区にはたくさんある蕎麦屋さん。

観光地でも必ず1つくらいは「美味しい蕎麦屋さん」があるイメージです。
江戸時代にはカフェ代わりに使われていたみたいですしね、そりゃ多いわ。

さて、もりそばとざるそばは蕎麦屋さんの代表メニュー。
この2つ、同じものだと思って注文している人多数ですが、実は違うものです。

どっちも冷たいそばであることは確かですが……?

正解は、海苔がかかっているのがざるそば。
もりそばにはかかっていません。

が、実は海苔は2つを区別するための目印にすぎず、本来はスタンダードなもりそばに対して、高級志向なのがざるそばだったのです!

もりそばの「盛り」という言葉からもわかる通り、もりそばは盛ってあるそば自体につゆをぶっかけて食べるという、江戸っ子らしいせっかちな人が好む食べ物でした。

ざるそばは、そばをつゆにつけてゆっくりといただくもの。これが上品ってわけですね。
比較的時間をかけて味わうものであるざるそばは、特製の専用つゆを使っていることもあるのです。

ただ、現在では2つの違いを明確にわかっている人は少ないので、提供するお店も特に分けていない(あるいは単に海苔をつけるかつけないかの違い)ということもあるようですね。

【「社長」と「CEO」――横文字ってなんだかかっこいいけど】

会社の代表といえば、社長。
でもCEOというなにやらかっこよさげな単語も見かけます。

この2つの違いを知るには、まず「代表取締役」について知っておかねばなりません。
会社を興して登記する際に、登記された人が名のることができる地位を代表取締役と呼びます。会社の代表権を持ち、さまざまな契約を交わすのが、この代表取締役という人です。

そして、「社長」「CEO」というのは、あくまでも社内で定めた地位の呼び名です。

と言うと少しわかりづらいでしょうが、社内で「社長」や「CEO」という呼び名の地位を社内で作って呼んでいるだけにすぎない、ということです。

企業についての法律は「会社法」ですが、この中には別に「社長もしくはCEOはいなきゃいけない!」なんて書いていません。会社法が求めているのは、代表権を持つ代表取締役を立てることです。

しかし多くの会社はこの代表取締役について、「社長」や「CEO」と会社内で呼んでいます、というお話(企業によっては代表取締役会長、というのも存在しますよ)。

この呼び名について日本では「社長」という言葉が慣れ親しまれてきましたが、近年「CEO(Chief Exective Officer:最高経営責任者)」と見かけるようになったのは、Appleなどの米国型企業の影響と、国際化の流れでしょう。

ただ、従来の「社長」よりも、「Chief Exective Officer=最高経営責任者」というほうがその職務・職責が名称から明らかに分かるというメリットがあります。

とは言うものの、語感で「こっちのほうがなんかいい!」と名乗っている会社のトップもたくさんいるはず。

【「自営業」「自由業」「フリーランス」――町の八百屋さんもフリーランスなのか?】

多くの勤め人は知らないであろう、「自営業」と「自由業」と「フリーランス」の違い。

「えっと、町の八百屋さんは自営業だよね? じゃああの八百屋さんはフリーランスってことなの?」

なんて考えはじめるとちょっとややこしいですね。

まず、フリーランスの「フリー」とは、勤め人でもなく、アルバイターでもなく、自分の才能や技能で稼ぐ人たちのことを言います。雇用されていない働き方、ということですね。

だから町の八百屋さんももちろんフリーなんですよ。でも、「フリーランス」は個人に対して使う言葉なので、この呼び方は一般的ではありません。

このフリーの職業の中には、自営業と自由業とがあります。

自営業は店舗を持ち、在庫を持ち、従業員を持ちます。

ですが、中には店舗も在庫も従業員もないが、フリーで稼いでいる人がいて、彼らが「自由業」であり「フリーランス」なのです。

デザイナーや漫画家や小説家、そして筆者のようなライターも、自由業でフリーランスの人に該当します。

店舗を持って営んでいる人は自営業、仕事の経営から経理、営業に至るまで全部一人でやっている人が自由業でフリーランスということですね。

【「大統領」と「首相」と「内閣総理大臣」――今日こそこの違いに決着を!】

子供の頃、首相と大統領とが同時に存在する国があると知り、「???」だったのですが、実はその疑問を解決しないままに現在まで至ってしまいました……。

今日こそこの疑問に決着をつけます!

まず、大統領は共和制国家の国家元首のことです。
三権(行政・立法・司法)を持ち、事実上の国のトップ。

アメリカの大統領が「国の父」と呼ばれ、重要視されるのは皆さんもご存知のとおりです。

ただし、ドイツのように象徴大統領と言って、大統領が実権を握らない国もあるので、大統領の権限や存在の強さは国によって違います。

共和制国家の元首ですから、もちろん国民たちが投票で選びます。

対して、首相は「国民ではなく!」議会により選出された与党のトップのことです。議員たちによって選ばれた政府のリーダーが首相で、日本においてはこの人が最高責任を負うことになります。

じゃあ「内閣総理大臣ってなんなのよ!?」となりますが、これば首相を日本の法律上の名称では「内閣総理大臣」と規定しているというだけの話です。

しかし、内閣総理大臣という言葉は日本独自のものなので、他国と名称をそろえる配慮から、「Prime minister(首相)」という言い表すことが多いのです。

あきら

アラサー!
都内の某大学院を出てから、ライター兼猫の奴隷として働くことに。
夏のビールもいいけど、冬のココアのほうが好き。
ドラクエ6ではハッサンを必ずパラディンにします。

RECOMMENDおすすめの記事

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったもので、お金のもつパワーには圧倒されることがあります。

「お金なんていらない。愛さえあればいい」

そう言いたいところだけど、現実にはお金がないと家賃も公共料金も払えない……食べてはいけないのですから。

お金を得るにはそれに見合った労働が必要なのは、皆さんもご存知の通り。

でももしも働かなくても、何もしなくても毎月一定のお金が得られるとしたら?

それが「ベーシックインカム」と呼ばれる制度です。
今回は、ベーシックインカムのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

社会

幼い少女への強制労働・性的虐待……ネパールの「カムラリ」を知っていますか?

10歳の少女の日常生活を思い浮かべてみてください。

ランドセルを背負って小学校へ通い、授業を受けて友達とおしゃべりしながら帰宅。
友達とシール交換をしたり、可愛い色のペンをたくさん集めたり。
「今日は塾の日だから憂鬱だなぁ。でも先生のことは嫌いじゃないなぁ」
「将来の夢はAKB48に入ること!」
なんて。

日本ではそういう風に過ごす女の子がきっとたくさんいるはずです。

でも、世の中には、そんなのん気で素敵な子供時代を過ごせない少女たちも、確かに存在するのです。

今日は日常を奪われた奴隷とでも言うべき、ネパールの少女労働「カムラリ」についてお話します。

社会

天才児を作りたかった男の夢――アメリカに実在した奇妙な精子バンク

自宅でコーヒーでも片手にカタログをペラペラとめくり、或いはインターネットのサイトを気軽にクリックしながら、
「瞳の色」「肌の色」「身長」「国籍」などの項目をチェックして、自分の好みに合うものを見つけて「じゃあこれにするわ」。
まるで通信販売みたいだけど、そうじゃありません。
これは精子バンクの話。

日本ではまだまだだけど、海外では未婚女性でも子供のほしい人や、女性の同性愛のカップルには身近になってきた選択です。
でも精子を選べるとしたら、「どうせなら優れた人の遺伝子がいいな」と思ってしまうのも自然な流れなわけで……。
今回は天才児を生み出すことを目標としていた、本当にあった精子バンクの話。

社会

同性愛で死刑になる?重すぎる刑の理由とは

アメリカの全州で同性婚が合法化されたこの時代に
同性愛が罪に問われ最悪死刑になってしまう国があります。

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)は世界中で認められつつあります。
東京の世田谷区でも、11月から同性カップルが宣誓書を提出すれば、結婚に準じるの関係を正式に認められるようになります。

同性婚OKの法律をいきなり作るのは難しくても
渋谷区、世田谷区と、少しずつですが結婚と同等の関係が認められていけば、そのうち日本でも同性婚が認められる日が来ると思います。

ですが、世界には同性愛自体が罪に問われてしまう国もあります。
有名な国ではイランやサウジアラビアです。

これらの国では、同性同士の性交渉で最悪死刑になってしまいます。
かなりLGBTに対して厳しい環境と言えます。

社会

植物の色の不思議。虹色トウモロコシは何故こんな色に?

虹色トウモロコシが気になって気になって仕方がないのでちょっと調べてみました。
グラスジェムコーンという名前が本来の名前だそうです。とっても素敵な名前ですね!
日本では虹色トウモロコシの名前で知られているみたいです。

トウモロコシは、イネ科の一年生植物。 穀物として食用されている他にもにデンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料としても重要です。 また、年間生産量は全世界で8億トンに達する。世界三大穀物の一つ。

トウモロコシといえば、だれもが一度は見た事がある、あの黄色いトウモロコシを想像しますが、この虹色トウモロコシは不思議な色をしています。

では、どうしてこんな不思議な色が生まれるのでしょうか?

社会

国民みんながお金をもらえる!「ベーシックインカム」のメリット・デメリット

「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったもので、お金のもつパワーには圧倒されることがあります。

「お金なんていらない。愛さえあればいい」

そう言いたいところだけど、現実にはお金がないと家賃も公共料金も払えない……食べてはいけないのですから。

お金を得るにはそれに見合った労働が必要なのは、皆さんもご存知の通り。

でももしも働かなくても、何もしなくても毎月一定のお金が得られるとしたら?

それが「ベーシックインカム」と呼ばれる制度です。
今回は、ベーシックインカムのメリットとデメリットをご紹介しましょう。